韓国紙「歴史戦争で日本に負けた。慰安婦関連記録の世界遺産登載ができなくなる」

結構前から話がありましたが、ユネスコの世界遺産登載手続きの改善案が7日に決まることになりました。「他国の異議申請」があると登載手続きを保留するという内容は既出ですが、韓国側の報道によると、いままでは「その期間は4年まで」という予想が優勢だったそうです。それが、無期限になったとのことです。また、個人や団体は登載申請できなくなり、あくまで「国家と国家として」合意しないかぎり、登載は無期限保留する、と。産経新聞が先に報じ、韓国各紙も「慰安婦記録の記録遺産(記憶遺産)登載は絶望的になった」と報道しています。韓国経済の記事を紹介します

 

<<ユネスコが、相手国が異議を提起すると、世界記録遺産登録を無制限保留する改正案を用意する。日本の反発で2016年から進展せずにいる日本軍慰安婦関連記録の登録可能性も絶望になったと、日本の極右性向日刊紙産経新聞が2日報じた。ユネスコは世界記録遺産制度改正の議論を終えた。来る7日から開催されるユネスコ執行委員会が改正案を承認すると、2016年以来、5年ぶりに登録申請を再開する計画である。

 

改正案によると、今後の世界記録遺産はその国が登録を申請しなければならない(※いままでは個人や団体にも出来ました)。また、ユネスコ事務局が申請案を開始すると、他の国が最大90日以内に異議を提起することが可能となる。これまでは、個人や民間団体が自由に申し込み、登録プロセスに加盟国の発言権はなかった。

他の国が異議を提起すると、関係国は対話を通じて問題を解決しなければならない。問題は、「会話の期間は無制限で、異議を取り下げていない限り、登録を保留する」との部分である。これまでは、協議期間を4年に制限するという予想が優勢だった。

 

この新聞は「日本は異議を取り下げていないので、登録は事実上絶望的になった」とし「ユネスコが慰安婦問題を凍結したのだ」と診断した。申請は事実に基づいて偏向されないように記載し、証明が不可能な主張と思想は排除するという原則も改正案に盛り込まれる。

すでに2016年の登録を申請した慰安婦資料は改正案の適用対象ではない。しかし、この論文では、外交消息筋を引用して、「加盟国の間では、慰安婦関連資料も改正案に基づいて扱わなければならないという声が出ている」と述べた。

 

ユネスコは2016年日韓の「慰安婦記録歴史戦争」をきっかけに、新規受付を停止し、改正案作りに着手した。2014年1月、(※韓国の)女性家族部は、世界各地に散らばっている慰安婦関連記録を集め、世界記録遺産に登録さすると発表した。中国政府が協力の意思をのぞかせ、登録が本格化した。

一方、日本は「慰安婦は強制連行の証拠がない」とする安倍晋三総理の2007年閣議決定に基づいて強く反発した。 2015年10月、世界記録遺産国際諮問委員会(IAC)第12回会合を控えても重ね遺憾を表明し、密室で行われる世界記録遺産登載審査制度を変更するようユネスコを圧迫した。

日本の反発にもかかわらず、韓国と日本、中国など8カ国14機関で構成された各国の民間団体と英国インペリアル戦争博物館は2016年5月慰安婦関連資料2744件を集めて「日本軍慰安婦の声」という名前で登録申請書を提出した。

日本政府は、同年10月に分担金納付を延期し、阻止に乗り出した。翌年5月にもユネスコが世界記録遺産登録の過程で利害当事国が対立する事前協議を推奨する方案を用意すると、直ちに実施するよう要求し分担金の納入を保留した。日本はユネスコ最大支援国である。

日本の攻勢に苦しめられIACは、最終的に慰安婦ドキュメンタリーの登録審査を保留する勧告をユネスコに伝達した。イリーナボコバ当時ユネスコ事務総長がこれを受け入れ、慰安婦記録歴史戦争は日本の勝利に終わった>>

 

元ソースとなる産経新聞の記事はこちらになります。新旧制度の差が分かりやすく載っていますが、今までの制度は、趣旨はともかく、韓国・中国のような国に利用されやすい構造なのがよく分かります。だいたい、世界遺産登載プロセス関連で「戦争(歴史戦争)」という言葉を使っている時点で、なにもかもアウトでしょう。

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5