韓国、政府機関の職員が「昔で言うと韓国は中国の属国ですよ。中国に文句が言えるはずないでしょう」

韓国の政府機関である食品医薬安全処の職員が、「中国は大国だから文句が言えない。昔なら、韓国は属国だ。なのに韓国が中国の食品管理に文句を言うことはできない」と話したことで話題になっています。この事案だけで「韓国の政府機関が中国をどう思っているのか」を判断することはできないと思いますが、韓国政府の『日頃の行い』もあって、いろいろ呆れるばかりのニュースです。以下、朝鮮日報の記事から部分引用してみます。ちなみに、韓国で「処」は「庁」より上の機関とします。

 

<<食品医薬品安全処スポークスマン室職員が、韓国を「中国の属国」と表現して騒ぎになっている。中国産「裸キムチ(※中国で非衛生的にキムチを作る場面が公開され、中国産キムチを主に輸入している韓国では大きな問題とされました)」に関連し、取材陣が輸入食品の安全性について問題を提起した。すると、職員室は「中国は大国なのに、韓国がHACCP(食品安全管理の認証基準)を要求すると、中国を不愉快にするだけでしょうが」という趣旨を示した。

2日、本紙の取材を総合すれば、問題性の発言は、ネットメディア「ニューデイリー」取材陣が食品医薬安全処に中国産「裸キムチ」事態と関連した食品安全管理を取材する過程で出てきた。先月22日、メディアが食品医薬安全処に『中国にHACCP現地調査協力を要請したのか』と尋ねると、食品医薬安全処のスポークスマン室のスタッフが、歴史上の朝貢問題を喩えて話したというのだ。

 

ニューデイリーの報道によると、この職員は「昔で言えば、韓国が属国だ。中国から見れば、属国が我が国(中国)の製造業者に、属国の認証を受けろと、安全管理を書くにしたいと言うわけです。中国からすると愉快な話のはずがない。不愉快に思うでしょうが」と説明した。この職員は、「事実、逆に考えると、中国という国は先進国であり、なんというか巨大な国じゃないか。力のある国家ではないか」とも言ったという。

このようなスポークスマン室スタッフの説明において、食品医薬安全処は「記者に説明する過程で、喩えで分かりやすく説明しようとしてミスをしたのは事実だ」と話した。ただし、このような発言が適切でないと見て、取材陣に電話をかけて、その発言を取り消したという。

しかし、食品医薬安全処を取材したニューデイリー取材陣は、「食品医薬安全処スポークスマン室の職員は、『言葉の間違い』を正すために電話してきたのではなく、『中国を刺激することもありえるから、その報道(※裸キムチ)を自制してくれ』と説明した」と述べた・・>>

 

韓国関連情報(実にいろんな情報)を扱うブログでも、この件をソース無しで書くと、コメント欄で叩かれるでしょう。「まさかそんなはずはないだろう」と。現実は小説より奇なり、というか、韓国はブログより奇なり、です。

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+108

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5