(雑記です) 韓国、 『私がやればロマンス・他人がやれば不倫』、投票激励フレーズで使用不可・・理由は『特定政党を連想させる』

似たような趣旨のエントリーが今までもいくつかありましたが、特に笑える(笑いの種類にもよりますが)ものがあったので、雑談というか、お笑いエントリーとして紹介します。

選挙運動期間では、投票を激励するフレーズも選挙管理委員会の事前許可が必要になります。今までも「民生破綻」は「特定政党を連想させる」という理由でNGにしたり、「親日清算」は「社会全般の認識」ということでOKにするなど、選挙管理委員会の判断基準は微妙なものが多かったですが・・なんと、『ネロナンブル(私がやればロマンス、他人がやれば不倫)』もNGとなりました。特定政党を連想させるというのがその理由です。見方にもよりますが、『共に民主党はネロナンブル』と選挙管理委員会が認めたことになるのではないか・・そんな気もします。以下、ソウル経済の記事です。

 

<<中央選挙管理委員会が、投票奨励フレーズに「偽善」「無能」「ネロナンブル(私がやればロマンス、他人がやれば不倫)」などの表現を使用することができないと判断した。このフレーズは、特定の政党をすぐ連想させるというのがその理由だ。「国民の力」広報局は最近、選挙管理委員会に特定フレーズを投票督励文句に使用できるかどうかを問い合わせ、このような回答を受けたと3日明らかにした。国民の力が問い合わせたフレーズは、「投票が偽善に勝つ」「投票が無能に勝つ」「投票がネロナンブルに勝つ」などだ。

 

国民の力によると、選管は「それらのフレーズは、選挙人が、特定の政党を簡単に類推することができたり、特定政党に反対していると思われる表現なので、一般投票督励用には、すべて使用不可」と判断した。選管側は「昨年の総選挙から選挙に影響を与える内容ではなく、純粋な目的の投票参加勧誘内容に限って許可する方針を、同様に適用している」と説明した。その例として、昨年21代総選挙で共に民主党の「100年親日清算、投票で審判しよう」という内容の垂れ幕も不可決定したというのだ>>

 

右派も左派も、与党も野党も関係なく、むちゃくちゃ広い範囲で使えるとても優れたフレーズなのに、なんでダメにしたのか分かりません。あ、そして引用部分の最後に「『親日清算』も使えないようにした」となっていますが、これ、選挙前日の夕方過ぎまでOKでした。野党側が強く抗議し、選挙前日の夕方過ぎに「じゃ、使ってはダメ」ということになりました。

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+83

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5