ソウル市、北朝鮮の同意も無しに「2032年オリンピック南北(ソウル・平壌)共同開催」提案書をIOCに提出

2月、IOCはオーストラリアのブリスベンを2032年オリンピック優先協議相手(優先候補地)に決めました。ですが、なんとソウル市が、ソウル・平壌での開催(韓国・北朝鮮共同開催)提案書をIOCに提出しました。北朝鮮からは同意はおろか何の連絡も無く、しかも今の市長は権限代理、明後日ソウル市長選挙でもっとも当選可能性が高いとされるオ・セフン氏はオリンピック共同開催に反対しています。韓国特有の『とりあえずやっておくと何とかなる』がまた発動したものだと思われます。以下、YTNから引用します。動画の自動再生にご注意ください。

 

<<ソウル市は最近、国際オリンピック委員会IOCに、2032年の南北共同オリンピック誘致提案書を出しました。何の応答もしない北朝鮮と一緒に、それも市長補欠選挙を控えている時点であるものの、「最後まで諦めない」と明らかにしました。

[記者]平昌オリンピックの共同立場から、ジャカルタ・アジア大会での単一チームの歓喜。スポーツでドラマを作ってきた南北は、その年の9月の首脳会談の際、ソウルと平壌で一緒にオリンピックを誘致することにしました。

[文在寅大統領:2032年夏季五輪の南北共同開催誘致にも協力することにしました。]

 

しかし、南北関係はすぐ凍りつき、何の応答のしない北朝鮮を相手に、私たちの政府・与党は苦労をすることになります。

[アン・ミンソク/共に民主党議員(昨年10月国政監査):後戻りのない韓半島の平和への道が、共同オリンピック誘致に起因することでしょう]

[イ・インヨン/統一部長官(昨年10月国政監査):非核化、北朝鮮社会の改革・開放と後戻りしない韓半島の平和につなげていくという意味を(南北共同オリンピックに)付与されたことについて完全に共感します]

 

北朝鮮リスクに行き詰まっている間、IOCは、2月、オーストラリアのブリスベンを2032年オリンピック優先交渉地に選定しました。ブリスベンを最優先にしていくという意味で、私たちは、事実上、脱落したことになります。しかし、ソウル市は「かすか希望」を抱いています。

「境界と限界を超えて未来へ」というビジョンのもと、過去1日、5つの分野別コンセプトをまとめて誘致提案書をIOCに送りました。ソウル・ 平壌共同開催を通じた世界平和の実現を強調しました。ブリスベンはまだ確定したわけではないので、「最後まで諦めない」という姿勢で誘致の努力をするというのです。

[ソウル市関係者:まだチャンスや余地は十分にあると私たちは判断しており、IOCにも、持続的に協議しようと要請しました]

 

しかし、補欠選挙を控えた今、新しい市長が共同開催をやめるかもしれないから、先手をうっただけだという、政治的解釈も出ています。共に民主党のパク・ヨンソンソウル市長候補は、共同開催に関連した言及も、公約もありません。「国民の力」オ・セフン候補は、共同開催は難しいと、やるなら単独開催だとの意志を明らかにしました。ソウル市は、「オリンピックの共同誘致は国政課題だ」と強調していますが、選挙結果によっては大きく揺れる可能性も大きいと見えます>>

 

いや、そもそも、平壌(北朝鮮)が同意していないのに、「前に首脳会談で『協力しましょう』と話したではありませんか!」と誘致提案書を出すのは、さすがにおかしいでしょう。本当に北朝鮮を「共同開催」の相手として思ってはいるのでしょうか。ただのオリンピック政治利用でしょう、これ。

ま、このブログに載っている話の中でおかしいのがこれだけでもありませんが・・

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+98

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5