(簡易更新)韓国のソウル・釜山市長補欠選挙、野党の圧勝か

簡易更新です。

今日は、韓国で凄く重要なポジションとなるソウル、釜山の補欠選挙がありました。韓国は出口調査結果が外れることが多いのでまだ確定というわけではありませんが、出口調査結果、野党候補が圧勝したとのことです。以下、聯合ニュースから部分引用します

 

<<ソウル市長補欠選挙で、国民の力の「オ・セフン」候補が59%を得て、共に民主党「パク・ヨンソン」候補(37.7%)に勝利したと、出口調査の結果が出た。釜山市長補欠選挙でも、国民の力の「パク・ヒョンジュン」候補が64%を得票し、共に民主党「キム・ヨンチュン」候補(33%)を大きく上回ると予測された。KBS、MBC、SBSなど放送3社、同日、共同で出口調査をして、午後8時15分投票完了直後、このように報道した。

 

出口調査結果のとおりなら、今回のソウル・釜山市長選挙で、国民の力の候補が共に民主党候補に20〜30%ポイントを超える大きな差で圧勝を収めることになる。出口調査では、2〜3日に行われた事前投票が反映されず、候補の実際の得票率とは異なる可能性がある。ただし、国民の力がソウルと釜山で二桁以上の差の勝利を収めるだろうという見通しは、大して変わらないと思われる・・>>

 

自治体長の選挙とはいえ、野党が選挙で勝つのは久しぶりです。この勢いが大統領選挙まで続くかどうかは何とも言えませんが、ソウルを取られたのは文政府、及び与党にとって大きな痛手なのは紛れのない事実です。

しかし、一時は李明博氏が後継者として育て、ソウル市長になったものの自滅に近い形で去ったオ・セフン氏がまたソウル市長になるとは・・「世の中わからないものだな」と言ってしまえばそれだけですが、「そんなに『人』がいないのか」な気もします。

 

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5