韓国政府、対北ビラに続いて「対北ラジオ放送」や「ネットファイル」を制限か

対北ビラ禁止法でいろいろ騒がしい韓国ですが、今度はネットを介しての北朝鮮とのデータのやり取り、および対北ラジオ放送(※政府は否定しています)を「長官による承認が必要」とする法律改正案の内容を発表しました。すでに1月に発議された、とも。

まず、この改正案に、「対北ラジオ放送」が含まれるのではないか、と指摘されています。統一部は否定していますが、法律の内容からすると十分可能である、とのことでして。以下、聯合ニュースから部分引用します。

 

<<統一部が、南北間のインターネットを介した映画や書籍などファイルの取り引きにおいて、長官の承認を受けるようにする法改正を進めている。19日、統一部によると、1月に発議された南北教育協力法改正案には、長官の承認を受けなければならない対北搬入・搬出の対象に、「情報通信網を介して送受信」を追加した。技術の進歩と取引方式など、交流協力の環境の変化に応じて、搬入・搬出対象に、既存の物品だけでなく、役務やインターネットなどを介して送受信するファイルなども含めたものである・・・一部では、このような法改正が、対北ビラに続き、対北ラジオ放送を防ぐためのものだという主張が提起された・・>>

 

なんでこれが「対北放送禁止」になる恐れがあるのかというと・・ここからは「ニューデイリー」の記事からまとめてみます。

改正案には「南北の間の『電子形態の無体物』の買収・引き渡し、情報通信網を使用した送受信の際には、統一部長官の許可を受けなければならない」となっています。統一部は「北朝鮮の代理人と、メールで映画や書籍のファイルを交易する場合が多いため、この改正案が必要になった」「対北ラジオ放送はこの改正案の対象に含まれない」としています。

 

しかし、韓国の「電気事業者法」によると、「有線・無線・光線またはその他の電子的な符号・文言・音響または映像を送信したり受信すること」を「電気通信」と規定しています。「情報通信網法」によると、「『電気通信事業法に基づく電気通信設備』を利用したり、その設備とコンピュータ、コンピュータ技術を活用して情報を収集・加工・保存・検索・送信または受信する情報通信システム」のことを情報通信網として規定しています。

つまり、改正案で言う『情報通信網を使用して送・受信する電子無体物』には、既存の法律による規定上、電波を使用した対北放送も含まれることになります。

 

そして、この部分は記事では具体的に書いてませんし、私の個人的な推測ではありますが・・

この前、本ブログでも取り上げたことがありますが、北朝鮮は韓国のコンテンツ、ドラマや音楽などを強く警戒し、ドラマを見ただけで死刑すると宣言しています。言い換えれば、何かの形で韓国のコンテンツが北朝鮮に流入されているという意味でもあります。今までは南北交流協力法(3年以下の懲役、3千万ウォン以下の罰金)の範囲に「ネットを介したファイルのやり取り」が入ってなかったので、かろうじて成立していたのではないでしょうか。

そんな中、統一部がネット及び、(解釈にもよりますが)対北放送まで制限できる法案改正案を発表したわけです。まるで、北朝鮮の政策を手伝っているように見えます。

 

 

ありがとうございます。4月29日に新刊が発売です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>は、4月29日発売予定です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話。それらから見えてきた、日韓の比較論です。ちょっとした、『自分』考察記録でもあります。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンで試し読みもできますので、ぜひお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+74

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5