韓国マスコミ、朝日新聞の「日本の対応は稚拙」記事に続々と反応・・「やはり日本の韓国パッシングがひどすぎる」

朝日新聞が、韓国と外相会談をしない・新任大使を会わないなどの日本の反応を「稚拙だ」とする記事を載せました。韓国側のマスコミは続々と「稚拙」の部分に反応しています。いつもの、「日本の新聞『すら』そう言っている」というニュアンスです。以下、聯合ニュースから部分引用してみます。あ、そして、朝日新聞のソース記事はこちらです

 

<<茂木敏充 日本外相の韓国「パッシング」が度を超えている。茂木外相は、韓日間の最大の懸案である徴用と慰安婦被害者に対する韓国裁判所の賠償判決が、韓日請求権協定などに違反し、国際法に違反したものだとし、韓国政府がこの判決を是正する具体的な対策を出さなければならないと主張している。彼はこのような立場に基づいて、今年就任したチョン・ウィヨン外交部長官との電話通話はもちろん、新たに赴任したカン・チャンイル駐日韓国大使との面談も拒否している。茂木外相は23日午後の定例記者会見で、日本の記者の韓国関連の質問を事実上黙殺する行動まで見せた。

この日の会見で、朝日新聞記者が「主権免除」を認め、日本政府の賠償責任を否定した、ソウル中央地裁の21日の慰安婦訴訟の判決が、韓米日協力にどのような影響を与えるかと、この判決を契機に、3カ国間の協力をどのように推進していくのかを尋ねた・・

 

・・茂木外相は、大して難解でもないこの質問に「申し訳ありませんが、質問の趣旨をよく分からない」と答えた。茂木外相は朝日の記者が「21日慰安婦訴訟の判決が出てきたじゃないですか」と言うと、「それは知っている。そして、日米首脳会談で、日米韓の協力、協力を図っていくこと、こんなことの重要性を表明したことも知っている」とした。その一方で、「そのような質問をする意味を分からない」と、とぼけた回答に一貫した。

これ朝日記者が呆れた声で「(私の質問は)言葉の通りですが」と言い返すと、茂木外相は「少しは私の思考を超えた」と、納得できないことを話した。

 

茂木外相は「もし(質問を)解説してくれれば、こういうことで影響が生じそうだが、それについてどう思うか、どのような関連があるか、私はよく分からないので、どんな関連性があるのか​​、そう説明をしてくれれば、答えることができるようだ」とチンプンカンプンした。

茂木外相は記者会見の席で、自分の気に入らない質問をする記者をバカにしたり、とんでもない答えで相手を困らせることで悪名高い。

 

この日朝日記者の質問を無視した茂木外相は21日の衆院(日本の国会下院)外務委員会では、ソウル中央地裁が、日本政府の主張と一脈相通ずる判決をしたことについて、「この判決が日本政府の立場を根拠としたものであれば、適切であると考えている。韓国が国家として国際法違反を是正しなければならない。韓国側の前向きな提案を期待している」との見解を明らかにした。

一方、朝日新聞はこの日の社説で「新任韓国外交部長官や駐日韓国大使を冷遇して閣僚の礼儀訪問や協議を受け入れない態度は、外交的に稚拙である。難題があるなら、なおさら直接話をする、成熟した隣国関係を覚えておかなければならない」と茂木外相を狙い撃ちしたようなコメントをした>>

 

率直に言って、会ったところで何か話すことがあるのでしょうか。どうせ何も進展せずに終わるだろうし、次の日の午前には韓国側から「しびれを切らすた日本が先に会ってくれと要請した」という記事が出るだろうし、午後あたりに私がその記事でブログを書き、10分後に「会った意味ある?」というコメントが付く未来しか見えません。

 

 

ありがとうございます。4月29日に新刊発売です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>は、4月29日発売予定です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話。それらから見えてきた、日韓の比較論です。ちょっとした、『自分』考察記録でもあります。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンで試し読みもできますので、ぜひお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5