福島処理水、『今のまま全量放流』しても、韓国への影響は韓国基準(限度)の『3億分の1』で、『無視できる』数値・・韓国原子力学会が分析

韓国原子力学会が、「福島処理水放流は何の問題も無い」という分析を発表しました。再浄化無しで1年で全量を海に放流したと仮定しても(実際は再浄化して長い時間をかけて放流するけど)、海流などを考えると、韓国に及ぼす影響は、韓国の放射線量限度基準の3億分の1でしかない、というのです。ですが、「それでも日本政府は心理的・物理的被害に謝罪しろ」とも主張しました。以下、ヘラルド経済から引用してみます

 

<<26日、韓国原子力学会は、「福島原発汚染水による韓国国民の放射線被ばくについて、漠然とした不安感を持つ必要がない」という立場文を発表した。韓国原子力学会は、このような日本の福島原発汚染処理水放流の影響を分析した内容を発表した。

原子力学会は、日本は汚染水を2回浄化して30〜40年かけて少しずつ放流する計画だが、学会は汚染水を再浄化せず、現在の保存状態のまま全量を1年間で海に放流すると、非常に保守的なシチュエーションを仮定して評価を行った、と述べた。

 

学会は「分析の結果、汚染水が韓国海域に到達する時間と海水による希釈効果などにより、我々国民が受ける放射線被曝は3.5×10-9mSv / yrと予測された」とし「これは一般人の線量限度である1mSv / yrの、約3億分の1で、無視してもいいレベル」と説明した。この分析は、日本側の公開データに基づくものであって、今後の検証が必要ではあるが、非常に保守的な仮定であるにもかかわらず、放射線の影響は微々たるものと評価されたと付け加えた。

学会は「日本政府は、福島の汚染処理水放流により周辺国の国民が受けることになる心理的苦痛と物理的な被害について深く謝罪し、周辺国に配慮する姿勢を示さなければならない」とし「福島原発の汚染処理水放流が、日本政府が明らかにした通りに履行されるかを検証し、監視するための、具体的方策を提示しろ」と要求した。

また、「政府が国民の健康と関連産業の保護を最優先の価値にして、政治的感情の対応を自制し、科学的事実をもとに、実用的に問題を解決するよう促す」と述べた>>

 

ここまで分析しておいて、堂々と「日本は謝罪しろ」と言っているところが、また・・別記事などを読んでみると、「一方的に放流を決めたので韓国民が恐怖に陥った」としており、それを謝罪しろ、と言っているようです。

曇った心のシンシアリーとしては珍しく、肯定的に考えてみますと、「どう考えても処理水には問題が無いけど、下手にそんなこと言うと『親日だ』と怒られるかもしれない」から、とりあえず日本に謝罪を要求した・・そんな可能性も無くはありません。どのみち、韓国では『問題無い』とする政府内の報告書すらもガン無視されています。こんな分析が韓国政府に、韓国民に何か肯定的な影響を及ぼすとも思えません。

しかし、韓国は「日本は韓国に一切情報を公開していない」としていますが・・学会は何の問題もなくデータを手に入れたようですね。どうしたのでしょうか(棒

 

 

ありがとうございます。4月29日に新刊発売です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>は、4月29日発売予定です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話。それらから見えてきた、日韓の比較論です。ちょっとした、『自分』考察記録でもあります。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンで試し読みもできますので、ぜひお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5