韓国政府「日本の閣議決定に遺憾・・慰安婦の証言こそがもっとも確実な証拠」

韓国政府(外交部)が、公式に遺憾を表明し、「証言こそがもっとも確実な証拠だ」と主張しました。これはこれで、韓国の『政府公式』見解を繰り返したことになります。以下、聯合ニュースから引用します

 

<<外交部は日本政府が「従軍慰安婦」という用語の代わりに「慰安婦」が適切であると公式見解を採択したことに関連、遺憾を表明した。チェ・ヨンサム外交部スポークスマンは29日の定例ブリーフィングで、関連した質疑に「日本政府が閣議を介して決定した答弁書の中で、日本軍慰安婦被害者問題関連の内容は、残念」とし「日本軍慰安婦の動員、採用、移送の強制性は否定できない歴史的事実」と述べた。

彼は続いて「(慰安婦)被害者おばあさんたちの生々しい証言こそ、日本軍による慰安婦動員の強制性を立証する、いかなる文書よりも強力で、明確な証拠」とし「これについてはすでに日本自らも認めており、国際社会も明確に判定を下した事案だ」と述べた。

 

また「日本政府がこれまで自ら明らかにしてきた歴史認識をゆらぎなく維持し、これを覆そうとする試みや、逆行する言動を控え、過去史問題の解決のために真正性を示す必要がある」と強調した。

先に日本政府は、「従軍慰安婦という用語を使うことは、誤解を招く恐れがある」とし「単に慰安婦という用語を使うことが適切である」とする答弁書を、27日閣議で決定したと読売新聞が報道している・・

・・この日チェ・スポークスマンも「日本軍慰安婦」と表現し、「この問題が世界で類を見ない武力紛争下での女性人権蹂躙や普遍的な人権侵害の問題だ」と強調した>>

 

しかし、同じ韓国政府、イ・インヨン統一部長官は、2月3日、外信記者懇談会で、「北朝鮮の人権についての脱北者たちの証言記録は、本当なのかどうか、脱北者の一方的な意思を記録しただけのものではないのか、そういうことを確認して検証することがまだまだ出来ていない」とし、脱北者の証言だけで北朝鮮の人権問題を判断することは出来ないという趣旨の発言をしています(同日の韓国経済)。おかしいですね。証言が確実な証拠のはずですが。

 

 

ちょっと遅くなりましたが、これから書店めぐりに出かけます。各自治体にそれぞれ新型コロナに関する措置があるので、今回はもっとも近いところだけ2~3箇所回ってみるつもりです。今日の更新はここまでです。明日また曇った心でお会いしましょう!(巻き込む

 

 

 お陰様で、<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」~韓国 韓国人による日韓比較論~ >が発売日(アマゾン表記基準)を迎えました!本当にありがとうございます

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。ちょっとした、『自分』考察記録でもあります。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンで試し読みもできますので、ぜひお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+120

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5