また事後法炸裂か・・韓国、「慰安婦の墓(※違法)は関連法律の制限を受けない」法案が発議される

この前、ナヌムの家にある慰安婦の墓(記事では『遺骨箱』としていますがどうみても普通の墓サイズだったので「墓」と訳しました)が違法だった、とお伝えしました。その際、「後から法律を作ってなんとかするのでは」と何気なく書きましたが・・早くも、野党「国民の力」の国会議員が、慰安婦の墓には法律でも手が出せないようにする法律改正案を発議しました。中央日報の記事から部分引用します。

 

<<国会国土交通委員会所属ソン・ソクジュン「国民の力」議員は7日、慰安婦被害者支援施設ナヌムの家に安置された元慰安婦9人の墓(※原文では遺骨箱)の移転を防ぐための「日帝下日本軍慰安婦被害者の保護・支援及び記念事業等に関する法律」の一部改正案を代表発議した。先に光州市は、ナヌムの家で生活して死亡した元慰安婦の遺骨箱をナヌムの家記念公園に奉安したのは、葬儀などに関する法律の違反とし、10月1日までに移転するようにと行政命令を出した。漢江水源保護のための水辺区域であるため奉安施設を設置することができないという理由だ・・

 

・・具体的には、改正案は「法律に基づいた生活安定支援対象者として登録された日本軍慰安婦被害者を追悼するために設置された奉安施設は、葬儀法上の設置制限に関する規定の適用を受けない」とし、例外を認める条項が新設されている。また、これにより、奉安施設を設置する場合の規模、基準等は大統領令で定め、維持・管理費用も国が負担することにした。改正案は、すでに設置された奉安施設の場合にも、葬儀法違反で罰金、移行命令および履行強制金を賦課しないようにした・・

 

・・ソン議員は「日帝によって強制的に動員され慰安婦としての生活を余儀なくされた被害者を保護し、名誉回復と真相究明のための記念事業を行うことは、国家の責務である」とし「一日も早く法案が通過して、奉安施設が破墓されることを防ぎ、おばあさんたちの平和な永眠が守られることを期待している」と述べた・・>>

 

普通、そこまで大事なことだと思うなら、事後法爆撃より、専用の公園墓地(霊園)を作る案を考えるものでしょうが・・法を守ったら負け、絶対にその上に君臨してやる、そう思っているのでしょう。韓国的です。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5