韓国の総理候補「日本は、大韓民国に最小限の礼儀も配慮も示してない」

キム・ブギョム(金富謙)という人がいます。軍事政権のときからデモやって逮捕されたりして金大中氏が民主党を作った直後から政治家で活躍した、名のある進歩(左派)派政治家です。今回、国務総理に内定されました。その聴聞会がありましたので、その中から日本関連内容を紹介します。以下、ニューシースの記事です。

 

<<キム・ブギョム総理候補者は、7日、「日本の過去史問題や、今回の福島汚染水放流問題などを見ると、長い間 良好な関係を維持した大韓民国に対し、彼ら(※日本)は本当に少しでも隣国としての礼儀や配慮があるのか​​、本当に懐疑的だ」と明らかにした。金候補者は同日午後、国会で開かれた人事聴聞会でミン・ビョンドク共に民主党議員が「韓日関係と関連して、福島原発汚染水問題もそうだが、慰安婦強制動員問題も平行線である。どのように韓日の問題を解くのがいいだろうか」と尋ねると、このように答えた。

 

彼は「自分(日本)の先輩たちが確認し、自ら反省文まで書いた過去の暗い問題も、今となってそれを否定するのを見ると、大韓民国の国民の中に憤怒しない方がおられるだろうか」と述べた。ただし、金候補者は、「そうだとしても、国際政治とは、そんな隣人と共に生きる現実と、国の利益のために、協商、協議、競争もしないといけない運命である」、「今年に入って冷却された韓日関係を解いてみようという政権の意志と大統領言葉もあったのに、嘆かわしい」と話した。

 

続いて「日本に赴任した駐日韓国大使のカン・チャンイル大使が、日本に対して誰よりもよく知っている。日本には複数の人的ネットワークがあり、議会内にも韓日議員連盟という歴史ある機構があると知っている」、「政治圏、政府ともに力を合わせ韓日関係が悪化しないように、そして歴史、過去史問題は私たちの懸案の中で連れて行く知恵が必要だ」と強調した>>

 

 

韓国の国際法違反状態について一言も出てこない時点で、知恵も何も意味ないでしょう。総理内定者が聴聞会で「ウリナラ国際法違反しすぎワロタ」とかは言えないでしょうけど、「日本が主張する国際法違反主張において、私たちは本当に何の問題もないのか議論が必要だ」な動きが出てくること。それが韓国としては第一歩になります。でも、そんな動きはいまのところまったくありませんし、あるとしても一瞬で潰されるでしょう。

人的ネットワークの話が出てきますが、私はこの単語を見て「情(ジョン)のことか」と思いました。前にも何度か書いた記憶がありますが、韓国人は「情」を「法」の反対概念、場合によっては上位概念だと思うところがあります。随分前に「韓国で配慮とは他人が自分に対して行うものであり、自分で他人に行うものではない」と書いたこともありますが、総理内定者となると、やはり「分かってらっしゃる(悪い意味で)」といったところでしょうか。

 

明らかに国際法違反状態、条約違反状態にある韓国。特に慰安婦裁判の場合、他でもない韓国の裁判所自ら「賠償判決は国際法違反だった」と事実上 認めています。そんな韓国に対して「是正せよ」としている日本。その問題において「反省文」「配慮」「礼儀」そして「人的ネットワーク」を言う韓国。

この関係において「大統領の言葉があったのに何で解決できないでいるのだろう」と言われても、何もピンときません。「反省文」という単語が、全てを物語っています。韓国で反省文とは、「子が先生や親に書くもの」という認識だけです(日本では大人が仕事関連で書くこともあると聞きますが、韓国でそんな話は聞いたことがありません)。

 

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5