米国「文大統領のために朝鮮戦争関連イベントを2つの用意したお!」 韓国「・・・」

歓迎かそれとも警告か。文在寅大統領の訪米中に、米国が朝鮮戦争関連イベントを2つも用意し、文大統領も参加することが分かりました。まず、「アジアトゥデイ」からです。どうしてもベク・ソンヨプ氏とオーバーラップしてしまう案件です。

 

<<ジョー・バイデン米大統領は21日(現地時間)、ホワイトハウスでムン・ジェイン大統領が出席した中、94歳の韓国戦争(※朝鮮戦争)の英雄に米軍の最高の栄誉である名誉勲章を授与する。ホワイトハウスは19日、報道資料で「バイデン大統領が21日、韓国戦争で目立つ勇猛を見せてくれたラルフ・パーケット ジュニア退役大佐に名誉勲章を授与する」、「文大統領も授与式に出席する」と述べた。今回の名誉勲章授与は、バイデン大統領が軍統帥権者として初めて与えるものであり、授与式に外国首脳が参加するのは非常に異例のことだ

韓国戦争で始まった韓米同盟の歴史性を強調しながら、ドナルド・トランプ政権時に梗塞した同盟関係を復元するメッセージを送るためのバイデン政権の意図がうかがえる。ブルームバーグ通信はこの日、バイデン大統領の第二対面首脳会談となる21日の韓米首脳会談は、バイデン大統領の外交政策戦略アプローチの象徴になると評価した・・>>

 

次は、映画などによく出てくる、戦死した方々の名前を刻んだ「壁(壁のような形の戦死者リスト)」のことです。大勢の戦死者(記事によると43000人)を出したにもかかわらず、いままで米国の戦争関連追悼モニュメントの中に、朝鮮戦争関連のものだけ「壁(戦死者名簿)」がありませんでした。その壁の着工式にも、文大統領が参席することになりました。ここはニュース1です。

<<6・25韓国戦争戦死者4万3000人の名前が刻まれる「追悼の壁」が、米国ワシントンD.C.韓国戦争参戦記念公園に設置される。18日、大統領府によると、ムン・ジェイン大統領は21日(現地時間)午後、追悼の壁 着工式行事に参加する予定だ。文大統領は今月21日、韓米首脳会談のために19〜22日、米国を訪問する。追悼の壁プロジェクトは、米国内の韓国戦争参戦軍人記念財団(KWVMF)が、第二次世界大戦とベトナム戦争参戦碑とは異なり、韓国戦争記念碑だけ戦死者名簿がないことを指摘しながら推進された・・>>

 

引用部分にはありませんが、記事によると、工事はすでに3月に始まったのに、わざわざ文大統領の訪米に合わせて着工式をすることにした、とのことです。また、参戦した軍人たちの前で、文大統領の短い演説も用意されているとか。北朝鮮関連で「人権」が言及されるのを防ぐために、文大統領の北権弁護士としての戦いは続きます。

 

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

+139

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5