首脳会談前の韓国各メディア「ワクチン確保が最優先課題だ」→会談後「55万人無償支援には大きな意味がある」

昨日の夜、「無償の55万人が有償5千万回分よりいい」な記事を紹介しました。個人的に、韓国をよく表している記事だとも思っています。その聯合ニュースですが、実は韓米首脳会談の前、18日の社説「聯合時論」にはこんなことを書いていました。部分引用してみます。

<<・・特に文大統領と外交当局が予告したように、米国とのワクチンパートナーシップの構築が、今回の韓米首脳会談の主要議題として挙げられる。韓国は人口比で安定物量のワクチンを確保したが、供給時点が下半期に集中しており、米国を相手にワクチンの早期確保が可能かどうかが主な関心事に浮上した。韓米間にはいくつかの懸案が存在するが、至急な状態になっているワクチン需給問題の解決に優先順位をおくのは厳然たる現実だ。今回の首脳会談で、多数のワクチンを早期に持ち込み、接種スケジュールを早めることができる実質的な成果が得られることを期待する・・(聯合ニュース>>

他にも、いくつか紹介します。ソースには動画ページも含まれていますので、動画の自動再生にご注意ください。

 

「米国ホワイトハウスがムン・ジェイン大統領とバイデン米大統領の韓米首脳会談で韓国とワクチン協力を議論する機会を歓迎すると明らかにした中、ファイザー、モデルナなどワクチンの国内早期導入が行われるのか注目される・・・今回の会談でワクチンスワップが実現されるのか注目される。これは米国からワクチンを優先借り接種し、その後、韓国が受ける物量を米国に返す方式である。ファイザー、モルデナなどのmRNAワクチンが対象となることが分かった。米政府は、ワクチンの合計8,000万回接種分を他国に提供するという立場を表わした(ソウル経済、5月21日)」

 

「ムン・ジェイン大統領が明日バイデン大統領と韓米間のワクチン協力を議論します。会談後の共同記者会見で、具体的な内容を公開する予定ですが、どの段階まで合意を成し遂げるのか関心が集まっています。明日の夜明けに首脳会談が開かれます。諸懸案がありますが、とりあえずワクチン需給に関連した協力への関心が非常に高いです・・(YTN、5月21日)」「韓米首脳会談、『ワクチン - クワッド』連携(ワクチンをくれるとクアッドに加入してやるという意味ですが、韓国軍への支援分以外にはワクチンの話はなく、クアッドはすでに締め切り状態でした)、晩餐メニューがハンバーガーの可能性は希薄(YTNの別記事、5月21日)」

 

「ムン・ジェイン大統領とバイデン米大統領が22日未明(現地時間21日午後)首脳会談を控えている中、クォン・ドクチョル保健福祉部長官も21日、米国に出国する。政府関係者は、『コロナウイルス追加接種分を確保するためのもの』だと言う。政府は、今回の韓米首脳会談をきっかけに相当量のワクチンを早期に確保しようと努力している。このため、米国側が確保したワクチンを事前に借りてきて後で返済する形式ワクチンスワップ締結を進めている。ファイザー、モデルナなど、個々の会社とのワクチン追加契約も議論中であることが分かった(朝鮮日報、5月21日)」

 

「ムン・ジェイン大統領とジョー・バイデン米大統領の初の首脳会談に全国民の視線が集中している。韓国時間で22日未明に開かれる今回の首脳会談では、朝鮮半島の非核化、米中葛藤、韓日関係など外交・安保懸案よりもさらに関心を集めている議題がある。それこそコロナ19ワクチンの協力強化方案である。いわゆる『ワクチン外交』だ。国民の健康と安全の前に、政派と理念は無意味である。これまでの大統領の功績や失政を問うのも後にしようではないか。今この時間だけは、全国民が大統領に注目している(アジア経済、5月21日)」

 

「政府が今回の韓米首脳会談で相当量のコロナ19ワクチン物量を確保できると期待されています。両国政府がワクチン支援物量の大きな枠組みを議論しており、企業間の個別契約も交渉が進行中です。韓国政府がワクチン支援を受け、後で返すスワップ方式も議論中です。今回の韓米首脳会談の主要議題の一つこそ、コロナ19ワクチン物量確保です。全世界のワクチンの供給量がワクチンの需要に追いつかず、ワクチンが適時に入ってこない問題が解決されていないからです(聯合ニュースTV、5月21日)」

 

「特にコロナ19ワクチンをいかに確保できるかが関心事ですが。首脳会談で成果を出すことができるでしょうか。ジェーン・サキ ホワイトハウスのスポークスマンの今日の発言で、ある程度の結果を予測見ることができあると思います。『コロナとの戦いで、米国が韓国を支援する案を議論する』、と。ワクチンを借りた後、後で返済するワクチンスワップ締結またはワクチン支援策が(※韓米首脳会談で)出てくると思われます(チャンネルA、5月21日)」

 

切りが無いのでここまでにして、結論に入りますと・・別に「期待するな」とは言いません。でも、ここまで期待されていたにもかかわらず、結果的には、韓米首脳会談では何も出てきませんでした。にもかかわらず、なんでこんなに『超・高評価』の記事が多いのか。ご存知、聯合ニュースは「クラブケーキで勝った」「菅総理の有償5千万回確保より、無償55万人分のほうが意味がある」と記事を書くアリサマ。目立つ形で批判する類の記事を載せているのは、中央日報ぐらいです。良し悪しより「違和感」が半端ないと思うのは、私だけでしょうか。ファンクラブケーキ、なんちゃって。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

+119

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5