韓国外交部長官、ワクチンスワップ失敗に対する質問に「議論は無かった」→「議論した」→「大統領が要請した」→「議題にもならなかった」→「議論した」→「具体的には言えない」→「日本よりうまくやっている」

前任のカン・ギョンファ氏に続いて、今度は現任のチョン・ウィヨン氏がワクチン関連で妙な発言をしました。朝鮮日報曰く、米国とのワクチンスワップについて「議論は無かった」→「議論した」→「議論してない」→「大統領が要請したと聞いた」→「具体的な議題にはならなかった」→「公開できない」と言葉を何度も変えた、とのことでして。これは数日後に言葉を変えたとかそんなものではなく、国会の質疑で、同じ場で瞬時に言葉を変えまくったという意味です。また、ソース記事の内容だと、誰も聞いてもいないのに、「日本よりずっとうまくやっている」と話した、とも。以下、朝鮮日報です

 

<<鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は28日、国会 外交統一委員会の全体会議に出席し、「韓米ワクチンスワップ」についての野党議員の質疑に、答えの内容を何度も変えた。鄭長官は「韓米首脳会談でワクチンスワップは議論しなかった」としたが、しばらくしてからは「議論があった」と述べた。それからは「ムン・ジェイン大統領がワクチンを米国に要請したと聞いている」としたが、その後「公開することができない」とした。野党は「韓米ワクチンスワップに対する政府の立場は一体何なんだ」と責めた。

鄭長官は「韓米首脳会談でワクチンスワップが議題にならなかったのは事実なのか」とする「国民の力」パク・ジン議員の質問に、「韓米首脳会談でワクチンスワップは議論されなかった」とした。パク議員が「5時間半の間、まったく議論をしなかったというのか」と再度聞くと、「ワクチン分野で深い協力をしようという、首脳レベルの議論があった」と述べた。議論がなかったとしておいて、首脳レベルの議論はあったと言葉を変えたのだ。

 

続いてチョン・ジンソク国民の力議員が「私たちの大統領が、バイデン米大統領にワクチンちょっとだけくださいと要請した、そんなことが実際にはあったのか」と尋ねると、鄭長官は「私は、あると見ている」とした。続いて鄭長官は「首脳会談で具体的な議題まではならなかった」と言いながらも 「ワクチン協力という議題の下で十分に議論した」とした。これに対してチョン・ジンソク議員が「私たちの大統領がワクチンを要請したのが事実なのかと聞いたのに、結局その答えは何なのか」と問い直すと、鄭長官は「確かな内容を公開することはできない」とした。

鄭長官はまた「ワクチン契約分量の国内搬入に支障があったことは一度もなかった」とした米「ワクチンスワップ」の緊急性は低いと述べた。特に、接種が遅れている日本と比較して、「(韓国が)はるかにうまくやっている」と強調した>>

 

また、チョン・ウィヨン氏は、米国が韓国軍55万人に支援することにしたワクチンについて、「韓米合同軍事訓練(韓米軍事演習)とは関係ない」と言い切りました。本ブログでも2~3回取り上げたことがありますが、これは『新型コロナを理由に韓米軍事演習を延期してきたが、もうそれもできなくなる』とする指摘に反論したことになります。この部分は朝鮮日報の別記事(朝鮮BIZ)から部分引用します。

<<・・鄭長官は28日、国会の外交統一委員会の全体会議で「(※米国は)韓国政府がコロナを理由に、韓米連合訓練をしないので、ワクチンを支援したのではないか」という国民の力 キム・ソッキ議員の質疑に、「趣旨はそうではない」と答えた。彼は「韓米連合訓練は、ワクチンの供給とは別に連合訓練の時期、規模、方式については、軍当局間協議を通じて決定されるだろう」と説明した。鄭長官は、パク・ジン 国民の力議員が、韓国軍へのワクチン支援を事前に議論したのかと問う質問には、「首脳会談の開催直前にバイデン大統領が首脳会談で直接言及するとの説明を聞いた」とし「米国がほぼ最後の段階で決定した」と述べた。「協議なしに発表だけしたのか」という質問には「そうだ」と答えた・・>>

 

やはり、『要請したけど聞いてもらえなかったよ』といったところでしょうか。記事を読んでいたら、モニター画面から、「うわあぁぁぁぁもうやめてくれ」という悲鳴が聞こえる・・・気がしました。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5