韓国、来週にでもIOCに公式介入を要請・・現時点でのIOCは、「その件は日本に聞いてほしい」とのスタンス

例の竹島+ボイコット騒ぎの件、IOCが事実上「私たちは知らない」な態度を示しました。どうせ日本のオリンピック委員会の意見を参考にするから、日本に聞いてくれ、というのです。以下、SBSから部分引用します。動画の自動再生にご注意ください。

 

<<東京オリンピックのホームページに独島(※竹島のこと)が描かれた地図があるというニュースは何度もお伝えしました。日本は引き続き修正の予定はないとの立場ですが、国際オリンピック委員会IOCも、この問題に関連して、日本に聞いてくれと傍観するだけです。政府は、次の週明け、この問題への介入をIOCに公式要請する予定です。独島をうっすらと表示した東京オリンピックのホームページの地図と関連し、SBSは、国際オリンピック委員会IOCに日本側に独島削除を要請する計画があるのか聞きました。

IOCは、東京オリンピック組織委員会の立場を参照してほしいとし、そちらに直接 問い合わせてほしいと回答しました。日本ではなくIOCの立場が知りたいと改めて回答を要請したものの、今回も返事は変わりませんでした。事実上、介入する意向が無いことを示唆したのです。

 

韓日の外交部長官(※外相)は、公に厳しい発言をしました。[チョン・ウィヨン/外交部長官:独島問題に対する日本国内での誤った行動を、決して容認しません]、[加藤/日本官房長官:国際法上も我が国固有の領土であり、韓国側の主張は、決して受け入れられません]。政府は、次の週明けにでも、イ・ギフンの体育会長名義でトーマス・バッハIOC委員長に介入を要請する公文書を送ることにしました>>

 

確か、体育会長というのは大韓体育会のことでしょう。韓国のオリンピック委員会を兼任しています。

なんでこのタイミングここまで騒ぐのか、疑問です。それは、最初から最後まで疑問しかありませんが、タイミングが特にそうです。100%邪推ではありますが、韓国側は、ボイコットを名分にして、竹島問題とはまた別の案件での日本の譲歩を得ようとしているのかもしれません。少なくとも、騒いでおいて損をすることは無い、と判断したからここまで騒いでいるのでしょう。

どうであれ、日本としては、「参加するかどうかは韓国が決めること」という主張を貫き、時と場合によっては『数十年前から国際裁判で解決しようと言ってるのに韓国が応じていない』とありのままに広報でもすればいいじゃないでしょうか。

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5