参院決算委員会、有村治子議員「韓国政府は日本を不当におとしめ、事実に基づかない歴史認識を国際社会に喧伝している」

参議院決算委員会で、またもや「韓国はゴールポストを動かしている」という話が出てきました。この前の閣議決定で慰安婦から「従軍」という表現が消えることになりましたが、その際に朝日新聞が『大手新聞社』と表現されたことでも、何で社名をはっきりしないのか、という指摘がありました。以下、聯合ニュースから引用してみます

 

<<茂木敏充 日本外相は31日、参議院決算委員会で慰安婦関連質疑への回答を介して、2015年の日韓慰安婦合意などをめぐる文在寅政府の対応を「ゴールポストが動く」という表現で迂回的に非難した。有村治子自民党議員はこの日の質疑で、日本軍慰安婦が故郷を離れた兵士の性に関する欲望を制御し、性病の蔓延を防ぐための制度であったとし、韓国戦争(朝鮮戦争)当時の「慰安隊」も同じという無理な主張を展開した。彼女は「戦場や駐屯地での兵士の性の問題は、古今東西各国の各部隊が悩んできた課題であった」とした後、「紀元前から始まって、ナポレオン戦争でも、第1・2次世界大戦でも、日露戦争でも、すべての性感染症を減らすための関連記録が残っている」と述べた。

それでも「韓国政府は、「世界で類例のない戦時女性の人権蹂躙」などの新しいレッテルを貼ることで、日本を不当におとしめ、孤立させ、事実に基づいていない歴史認識を国際社会に広げている」としながら「このようなムン・ジェイン政権の主張は、歴史の公平性の観点からも到底受け入れることができない」とした。それとともに「慰安婦問題では、日本がひたすら防御するばかりだが、日本政府が事実に基づいた反論を毅然として広げてほしい」と茂木外相の見解を求めた。

回答に出た茂木外相は「古今東西、海外に出ている若い兵士たちに対する様々な取り組みにおいて、それぞれの国や軍が苦労したことを知っている。特に、第1次世界大戦のときには、『塹壕戦』の渦中でも避妊具が圧倒的に普及したと聞く」と有村議員の質疑に共感を示した。茂木外相はまた、「これまで慰安婦問題を含む歴史問題について、正確な事実関係と(日本)政府の考えをさまざまな形で国際社会に説明している」と対外広報戦の最前線である在外公館体制を強化していると回答した。

そして、「韓国でによって『ゴールポスト』が動く状況が常に発生している」、「今後も政府の考えとか、今までの努力について、国際社会から正当な評価を受けることができるよう、引き続きしっかり対応していく」と付け加えた・・>>

 

他にも、慰安婦から「従軍」表現は間違っていると閣議決定した際のことですが、閣議決定した政府答弁書に『(吉田清治の証言のことで)虚偽の事実が大手新聞社により事実であるかのように大きく報道されたことにある』となっていることで、「間違った情報で国内世論が作られ、韓国世論に飛び火し、さらには国際世論で反日感情を広げ、在外邦人がさげすまれ、その子女がいじめられ、どれだけか日本の信用と国益が減じられたことか計り知れない。今さら『大手新聞社』などと匿名にする必要など全くない」と指摘しました。加藤勝信官房長官は『大手新聞社とは朝日新聞のことです』と答えました。この部分は聯合ニュースにも載っていますが、閣議決定の答弁書などの話が無かったので、産経新聞をソースとしました

 

評価は人それぞれでしょうけど、私がブログを始めた・・11年か12年前に比べると、日本側の『認識』は明らかに変わってきた、と思います。安倍前総理も言っていた「今までの日本は、贖罪の意識があり、韓国の間違った意見をそのまま受け入れてきた。大人らしい反応をしすぎてしまった」という認識が、もっともっと広がることを願います。

 

次の更新は明日10時~11時になります

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

+159

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5