米国議会報告書『北朝鮮、韓国企業が所有していたタンカー船 2隻を購入』・・安保理決議違反か

米議会報告書が、北朝鮮が韓国企業が所有していたタンカー船2隻を購入したとする内容を公開しました。中国側を介してのことではあるものの、安保理違反ではないのかという話も出ています。レーダー照射問題関連でもそうでしたが、やはり南北の『裏』な取り引きに関しては、いろいろと噂があり、どうしても気になります。これは韓国側のネチズンたちも(一部ですが)例外ではなく、ソース記事のコメント欄にも「文大統領退任の後に調べてみると、こんな事例はかなり出てくるだろうな」などの内容が書いてあります。以下、「韓国経済TV」から引用してみます。

 

<<北朝鮮が、韓国企業が所有していたタンカー2隻を、中国を通じて買い入れたという報告書が出た。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議は、北朝鮮に対する直接的・間接的な船舶の供給を禁止しており、状況によっては、韓国企業の制裁違反の可能性も提起される。米国の戦略国際問題研究所(CSIS)傘下のアジア海洋透明性イニシアティブ(AMTI)は1日(現地時間)、「北朝鮮が、制裁にもかかわらず、新しいタンカー船を購入している」というタイトルの報告書を公開した。

報告書は、北朝鮮が2019~2020年に中国からタンカー3隻を買収したが、その中で「シンピョン5号」と「グァンチョン2号」は、かって韓国企業の所有であったが、中国を経て北朝鮮に入ったと説明した。シンピョン5号の場合、北朝鮮に渡る直前の所有者として、釜山(プサン)の『Y』企業が指定された。

 

国連安全保障理事会は、2016年の対北朝鮮制裁決議2321号を用いて、加盟国が新規船舶を北朝鮮に直・間接的に供給、販売、移転することを禁止しており、後に2017年の2397号は、この条項を中古船舶にまで拡大した。船舶が中国を経て北朝鮮に入ったとしても、韓国企業やブローカーが船舶の最終所有者が北朝鮮であることを認知していた場合、間接的な販売に該当し、制裁違反だと解釈される余地がある。

レポートを作成したレオ・バン研究員は「米国の声(VOA)」放送とのインタビューで、「国連安保理決議は、船舶をはじめとする物資が直・間接的に北朝鮮に流入することを禁止している」とし「韓国政府がこれを厳格に適用するなら、韓国ブローカーの注意義務がどうだったかを調べることもできるだろう」と説明した。また「(取引に介入した)韓国ブローカーが違反かどうかは、韓国政府がこの問題をどのように解釈するかにかかっている」と付け加えた。

 

報告書は、「この船は、韓国のブローカーを通じて中国の企業や個人に移った」とし「関係者は、機密を理由に情報を提供せず、口を閉じている」と付け加えた。また「昨年タンカー2隻を買収したように、今年も新しい船を簡単に買うことができるだろう」と予想した。(※韓国)政府は、報告書の内容の事実関係と制裁違反の可能性などを把握している。外交部当局者は「政府は、国際社会との緊密な連携と国連安保理決議の下、(制裁遵守)努力を注いでいる」とし「北朝鮮の安保理制裁回避の動向を注視しており、現在確認中である」と述べた。

報告書は、北朝鮮が買収したタンカー船を、国連制裁によって搬入量が制限されている精製油を持ち込むために使用したと推定した。特にグァンチョン2号は、2019年に北朝鮮に買収された後、現在までに南浦(※ナムポ、北朝鮮の都市)港に精製油を10回運んだことが分かった。

国連安全保障理事会は、過去2017年の決議を採択し、北朝鮮が1年に搬入できる精製油を合計50万バレルに制限し、国連加盟国に毎月北朝鮮に提供した精製油の量を報告するようにしている。しかし、北朝鮮は船舶間の海上積み替えなどを通じた裏取引で、このような制裁を回避していると知られている>>

 

さて、文在寅大統領はこの件をどう処理するのでしょうか。邪推ですが、韓国政府が知らなかったはずは無いでしょう。いまごろ、どう「封じるか」を考えているのではないでしょうか。適当にウヤムヤにして封じるか、それとも、不自然なほど徹底的に潰して封じるか。いや、邪推ですけど、邪推。

 

 

コメント欄、元に戻りました。ちょっとだけ表示順番変えましたが基本は前と同じで、返信機能も一応復活させました。サブブログにスムーズにコメントが移行できた点、心から感謝致します。サブブログは時間が経ってもコメント欄が閉鎖されない仕様ですので、ここ2~3日間に出来たコメントエントリーを何かの形で再活用できないか、とも考えております。あとでまた報告致します

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログを用意しております。長くなりそうな話、雑談などはサブブログをご利用ください。雑談エントリー、議論エントリーその1その2その3があります。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

+134

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5