日本、COVAXに多額の支援、低所得国家には3000万回分のワクチンを支援・・韓国地上波放送は「オリンピック反対世論を気にしてワクチンとお金をバラ撒く日本」と報道

個人的に、「日本が台湾にワクチンを支援する」件、韓国でどう報じられるのか興味がありました。なぜなら、韓国では「日本は防疫後進国」でないといけない雰囲気になっているからです。拙著『反日 異常事態』のメインテーマでもありました。あまり経ってないのに、もう懐かしいですね。

「~かどうか」への判断ではなく、「~でないといけない」という判断を優先するのは、珍しいことでもありません。例えば、汚染水か処理水かの判断はせず、「汚染水でなければならない」を前提にしているのが、韓国側の反応でして。新型コロナの件でも、K防疫を崇高なものにするためには、日本の防疫は全然ダメだとする『卑日』が必要でした。そして、それに逆らう意見は、ウヤムヤにされて消えました。

最近も、日本について「官民一体になったおかげで接種回数も増え、ワクチンにも余裕ができた」とか、「COVAXや他国に技術や資金を支援している」などの話は、韓国ではほとんど目にすることはできませんでした。自国の防疫が大して褒められておらず、大統領がワクチンのことで「K(ください)防疫」を優先課題にして訪米する状況下で、『見下す』の対象でなければならない日本の状況が好転されつつあり、ワクチンにも余裕があるというニュースを流すわけにもいかなかったのでしょう。特にワクチン確保については、韓国の一部のメディアが安倍前総理、菅総理と文大統領を比較する記事を載せていたので、なおさらです。

そんな中、一つ前のエントリーでも書きましたが、「支援されて喜ぶ韓国、支援して喜ぶ日本」というこの越えられない壁の存在を、韓国側のマスコミがどう伝えるのか、その書き方に興味があったわけです。

 

・・・・が、やはりこんなものでした。地上波放送MBCが『オリンピック反対世論を潰すためのもの』と報じています。以下、引用してみます。動画の自動再生にご注意ください。

<<東京オリンピックが50日ほどしか残っていない日本、内外で反対世論がますます大きくなっています。どうしようもない日本政府は、1兆ウォンを投入して、他の国にワクチンを支援すると発表しました。お金をばら撒いてオリンピックに友好的な国際世論を作るという算段です。果たして効果があるかどうか、東京でコ ヒョンスン特派員が報道します。

低所得国のワクチン支援のための鼻バック首脳会議。ワクチン購入資金に既に2億ドルを出した日本が、追加で8億ドルを出すと発表しました。合わせると10億ドル、私たちのお金で1兆ウォンを超えました。【菅義偉/日本の首相:8億ドルというこれまでにない規模の金額を追加し、合わせてちょうど10億ドルを出すことにしました】。25億ドルを出した米国に続いて、二番目に多くのお金を出したことになります。確保したアストラゼネカ ワクチン3000万回分も、低所得国に支援すると明らかにしました。【菅義偉/日本の首相:我が国で製造するワクチンをそれぞれの国や地域に供給して行くという内容も発表しました】。東京オリンピック反対世論を抑え、さらに支持を受けるための「ロビー」の意図が見え見えです・・>>

 

記事で「低所得国への支援のための機構」としているそのCOVAXから、韓国もワクチン支援を受けています。そのCOVAXへの支援に、こんなことが言える立場でしょうか。MBCの場合は、台湾への支援の件は報じてすらいません(笑)が、一部のメディアは、一応記事にはしています。事実だけ黙々と伝える感じで、コメントもそうありません。おまけに、もっとも『ありのままに書いただけ』の記事を一つ紹介します。ニュース1です

<<日本が4日、台湾にアストラゼネカ(AZ)の新型コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン120万回分を提供することにした。NHKと産経新聞によると、日本政府は、コロナ19ワクチンとの関連国内で必要な量を超えて他の国に供給する方針だ。菅義偉総理は2日、世界のワクチン免疫連合がオンラインで共同開催した「COVAXワクチンサミット」にて、合計3000万回分をワクチンを供給すると明らかにした。産経新聞は、政府関係者の発言を引用して、今回のワクチンの提供は、過去2011年の東日本大震災当時、台湾からの支援の見返りだと説明した。当時、台湾が日本に送った寄付金は、200億円に達した。また、コロナ19によりマスク不足が深刻化した昨年4月、台湾は日本に医療用マスク200万枚を送った・・>>

 

5~6つの記事を読んでみましたが、全般的に関連記事のコメント欄は、「自分たちにつかうワクチンも無いくせに」「接種が遅いから保管期間が過ぎて使えないのだろう」「自分たちは怖くて使わないアストラゼネカをやって偉そうにしている」などの意見がほとんどです。日本のワクチン確保には余裕があり、アストラゼネカは今は接種を中断しています(接種スピード以前の問題)。また、台湾はアストラゼネカを承認済みで、ワクチン支援の要請も台湾側が先に打診してきたと言われています。こういうコメントは、反日傾向の記事だけでなく、例えば「台湾から要請があったという」「台湾はAZを承認しているし緊急な状況である」などの内容がちゃんと書いてある記事でも、大まかな流れは同じです。本文すらも読んでいない、ということでしょうか。

初稿のときに「日本ではAZが承認されていない」と書きましたが、『いまは接種していない(副作用の心配があり、他のワクチンに余裕がある)』が正しいです。ツイッター及びコメント欄からのご指摘、ありがとうございます

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5