韓国の「いわゆる元徴用工」の個人賠償裁判、今月10日に日本企業16社への1審判決・・「すでに最高裁判決で整理されている問題で、これ以上の弁論は必要ない」

前にもお伝えしましたが、日本企業16社を対象にした個人賠償(いわゆる元徴用工問題)判決が、今週下されます。予定は、10日です。企業側は「原告の被害など立証すらできていない」としていますが、裁判所は「最高裁判決によりすでに事実関係は整理されている」とし、これ以上の弁論は行わないとしています。以下、ニューシースの記事から部分引用します。

 

<<強制徴用被害者が日本企業16社を相手に起こした損害賠償訴訟の1審宣告が、今週に下される。6日、裁判所によると、ソウル中央地裁民事合意34部は、10日午後1時30分 強制徴用被害者ソン某氏など85人が日本製鉄株式会社など日本企業16社を相手に起こした損害賠償訴訟宣告期日を進行する。先に強制徴用被害者たちは、2015年5月に訴状を受けとったが、送達などの問題で期日が変更され、6年目の先月になって最初の弁論が行われた。

日本企業は訴訟に応じなかったが、裁判所が『公示送達』を決定し、国内の弁護士を代理人として選任した。裁判所は先月28日の初の弁論期日で「2015年提起されてから長い時間が経ったし、書面で調書が送達されたので、冒頭陳述するものとし、この日、結審を行う」と明らかにした。日本企業の代理人は「原告側の主張立証もまだできていない」、「事実関係の主張自体が手抜きすぎる」などの主張で期日を続行してくれ(※弁論をもっと行う)と要請したが、受け入れられなかった。

裁判所は、関連事件が最高裁及び再上告審の判決を受けただけに、法理的、事実的な争点は整理されているため、弁論を終結すると説明した。最高裁判所全員合議体は、2018年10月30日 日本に強制徴用被害者4人が日本製鉄を相手に起こした損害賠償請求訴訟の再上告審で、原告勝訴判決した原審を確定した。この判決後に関連の訴訟が続いている。ソウル中央地裁swは強制徴用関連訴訟が合計19件行われている>>

 

まだ結果が出たわけではありませんが、同じ事案において最高裁判決が出ているため、この前の慰安婦裁判のように『別の結果』が出る可能性は低いと思われます。もし賠償判決が認められれば、企業側は上訴する可能性が高いでしょう。でも、少なくとも韓国側に『国際法違反状態を是正する意図があるのかどうか』を判断するには十分な案件になるでしょう。もう一つ、タイミングがG7首脳会議と完全に重なっています。確か、G7は11日からでした。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5