韓国大手ケーブル局「文大統領が先に歩み寄り、菅総理は頭を下げた」

いつもより心の曇った内容のエントリーです。いつもと違って『雑談』カテゴリーで更新したいと思います。

G7首脳会談の共同声明について書こうとしましたが間に合いそうにないので、また挨拶関連のエントリーになりました。2つ前のエントリーでも「挨拶しただけでここまで騒ぎになるなんて、これ自体がもう普通じゃないだろう」という趣旨を書きましたが・・これで2つもエントリーを書くことになるとは、我ながら心が曇ったものです。韓国のニュース専門大手ケーブルテレビ YTNの記事に、妙な題のものがありまして。以下、YTNの記事から引用してみます<<>>が引用部分となります。

<<「先に近づいた文大統領、頭を下げて挨拶した菅総理(※題)・・G7拡大首脳会議後開かれた夕食会。文在寅大統領が手招きで金正淑女史(※キム・ジョンスク女史、文大統領の奥さんです)を呼びます。文大統領夫妻が菅総理夫妻のそばに近付き、挨拶をすると、菅総理は頭を下げて挨拶します・・>>

 

 

『先に近づいた文大統領、頭を下げて挨拶した菅総理』をわざわざ題にする理由があるのでしょうか。これだと、文大統領が先に歩み寄ったのは事実だけど、菅総理は頭を下げて挨拶した! と書きたかっただけに見えてしまいます。ちなみに、記事本文に「文大統領が(も)頭を下げて挨拶した」という内容、画像、映像などはありません。

日本語では挨拶を表す場合には「頭を下げる」より「お辞儀をする」のほうがいいけど、韓国語には、日本語の「お辞儀をする」の直訳にあたいする表現がありません。「頭を下げる(머리 혹은 고개를 숙이다)」だけです。だから、片方だけが「頭を下げる」と書くと、どうしても上下関係のニュアンスが付きまといます。

 

ですが、残念ながら(?)、KBSの記事にはこうなっています。<<・・二人の出会いは、韓国のマスコミは捕捉できなかったけど、日本の民営放送局であるANNが撮影して映像を公開しました。動画を見ると、文大統領は、金正淑女史を手招きして呼んで、一緒に菅総理夫妻に近づいていきました。文大統領が金女史を紹介すると菅総理は頭を下げて挨拶し、文大統領も菅総理の夫人、真理子夫人に頭を下げて挨拶しました・・>>

 

ちなみに、挨拶するときにお互いがお辞儀をする、韓国語で頭を下げること、しかも初対面の奥様でのこと。これには何も問題ありません。挨拶のときにお辞儀した2人(夫妻だから4人かな)の挨拶の仕方それ自体を問題にしたくはありません。こんな状況下で『先に近づいた』というのは不自然ですが。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5