韓国大手ケーブル局、共同声明内容などに一切触れず「日本は、韓国がうまくいくのが気に食わないのだ」

今回のG7に関する評価は、どの側面をどの国から見るかでいろいろ変わるでしょう。でも、少なくとも共同声明は、日本にとってかなり良い内容でした。率直に言って、日本側が事前に入れようとした内容はほぼ全て入っているのはないか、とも思っています。なにせ、日米首脳会談共同声明の延長拡大版のようなものでしたので。しかし、韓国側の反応はまったく逆です。

文大統領は大活躍したけど菅総理は何もできず、日本は存在感が無く、韓国は事実上G8になったと広報しています。「文大統領の方から歩み寄った」映像に必要以上に反応したこともそうですが、加藤官房長官が「日本は会談の約束を一方的に取り消したことがない」と反論したことで、さらに炎上しました。『日本は、韓国がうまくいくのを嫉妬しているのだ』。それが韓国側の、今回のG7に対する大まかな結論です。その代表格として、以下、YTNの記事を1つ引用します(動画の自動再生にご注意ください)。『心の狭い日本外交、、韓国がうまくいくのが気にいらないのだ』という題です。<<>>が引用部分となります。

 

<<韓日首脳会談が不発に終わったことについて、日本政府は、一方的にキャンセルした事実がないと、むしろ韓国に抗議しました。ほんの数年前には、首脳の間の対話に条件をつけてはならないとしておいて、韓国が先に解決策を持って来なければ会話に出ないというのです。

【菅義偉/当時官房長官(2015年1月13日):隣国首脳が会う前提を付ける問題ではないと思います】。過去2015年慰安婦問題などを理由に、韓日首脳会談に応じなかった韓国に、当時の菅官房長官が出した言葉です。今の日本の立場は正反対です。期待を集めた韓日首脳会談が不発に終わった後、菅総理は、韓国が懸案の解決策を提示しなければならないという立場を繰り返しました。

もう数年間も、日本は受け入れることができる解決策を出すまで関係改善はないと、事実上の条件を掲げています。それでも日本政府は、韓日首脳会談がなかったのは日程上そうなっただけだと、むしろ韓国を非難しました(加藤官房長官の発言に「日程上」という話があったかは未確認です)。【加藤勝信/日本官房長官:(日本が韓日首脳会談を一方的にキャンセルしたという)そんな事実はありません。事実に反するだけでなく、一方的に発信したのは大変残念です。韓国にすぐに抗議しました】。

 

日本経済新聞はG7加盟国に韓国などを含める動きに日本が反対したと伝えました。コロナ以降、先進国とは信じがたいほど遅れている日本の素顔が世界に知られているのに比べて、国際社会で韓国の影響力はますます大きくなることを露骨に牽制しているのです。

【コウガシゲアキ/政治評論家・前通商産業省官僚:(韓米首脳会談でも見られるように)米国に、韓国は(半導体など)売れるものがありますが、日本にはありません。そのような意味で見たときに、今の日本政府は、余裕がないのでしょう。韓国が偉そうにしていると見て、それが絶対気に入らないんです】。

日本のSNSでは、文大統領が他の国の首脳と明るく笑っている姿、菅総理は一人で離れているG7サミット写真が話題になりました。「疎通力の違い」という説明とともに上がってきた写真に、日本の政治学者ヤマグチジロウ教授は「このような人物を指導者としている自分の無力さが恥ずかしい」と痛烈な自己批判を出しました>>

 

 

タサ過ぎでいちいちオチを書くのも苦ですが、せっかくだからちょっと書いてみます。「売るものがない」日本がなんでまっさきにクアッドに入ったのかも疑問ですが、2015年『特定案件のせいで首脳会談しないのは間違っている』を今の日韓関係にぶつけていることがまた、思わしくない意味で傑作です。今の問題の根源は、それらの会談を通じて出来上がってきた合意や条約を守らなかった、『韓国の国際法違反状態』です。それを是正するまでは会わない、それらをちゃんと守らないならもう会う意味がない、というのが日本のスタンスです。そもそも、裁判結果がかかわっているし、韓国政府自ら「裁判所がやったことだから韓国政府は知らない」と何度も公言しました。いつものことですが、その視点が完全に欠けています。

 

繰り返しになりますが、どの側面をどの国から見るかでいろいろ変わるでしょう。でも、本当に客観的に自負できる案件があるなら、なんで集合写真をトリミングしたりしたのでしょうか。すっかり有名になった話なので本ブログではエントリーしていませんでしたが、韓国は、G7集合写真において、参加した首脳の中で唯一の黒人である南アフリカ共和国シリル・ラマポーザ大統領を写真からカットしてまで、自国の大統領を写真の中心に見せようとしました(この部分はペンアンドマイクなどが報じています)。大統領府公式の『事件』で、一部のメディアから指摘され、いまはオリジナルの写真に変えてあります。

にもかかわらず、そこまで「中心」を強調していた韓国は、さっそく「韓国はゲスト参加だったので共同声明採択には参加していない」と中国に言い訳をしています。この前のG7外相会議のときもそうでした。さて、日本から嫉妬されるほど「うまくいっている」客観的な成果があるなら、なんでこんなことをしているのでしょうか。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5