『福島処理水が韓国に及ぼす影響は微々』報告書を書いた博士、警告処分される

本ブログでも紹介したことがありますが、4月26日、韓国原子力学会は、『福島処理水が韓国にこれといった問題を及ぼさない』と発表しました。本ブログでもその翌日に紹介しました。ですが、その学会発表と繋がっている報告書を書いた韓国原子力研究院の研究員(博士)が、『警告』処分となりました。韓国原子力研究院は、韓国政府による研究所です。研究院の研究者たちは、強く反発しています。以下、朝鮮日報から引用します<<>>が引用部分となります。

 

<<韓国原子力研究院が「福島原発汚染水が韓国に及ぼす影響は微々たるもの」という報告書を作成した博士級の研究者に「警告」処分を下し、論議が起きている。表面的には、内部手続きに違反し、部署長の承認なしに研究内部資料を流出したという理由ではあるが、韓国原子力学会と全国科学技術研究専門労働組合 韓国原子力研究院支部は、「今回の懲戒は、政府の立場と違うレポートを作成したことによるもので、明らかに学術活動の自律性を侵害している」と反発している。

問題となったのは、4月26日、韓国原子力学会が公開した報告書である。報告書は、原子力研究院のファン某博士が昨年8月に作成したもので、「福島原発汚染処理水の処分による韓国国民の放射線影響」というタイトルである。報告書は、「福島原発汚染水による放射線の影響は、韓国には微々たるもの」という内容が入っている。汚染水放流が日本の情報公開不足で危険度の予測もできないという政府の立場とは違う内容であった。

 

原子力研究院は、5月24日、ファン博士を懲戒委員会に回付した。部署長の承認なしに報告書を作成し、政府が発表したプレスリリースの内容と相反するものにもかかわらず、学会で公開したという理由だった。懲戒委員会は、7日、ファン博士に『叱責』処分を下したが、ファン博士は長官表彰を受けたことがあり、懲戒処分は警告に軽減された。

しかし、このような事実が知られると、学界では、「今回の懲戒手続きは極めて異例」という批判が出ている。原子力学会も14日から会員5000人を対象にファン博士の研究側の警告処分に抗議署名を集めている。「政府の立場と違うという理由による明白な標的懲戒で、学術活動の自律性を非常に侵害する行為」という理由だ。原子力研究院の労組も「報告書の内容が政府の内容と一致したなら、懲戒になっただろうか」と批判した。これに対して原子力研究院は、「放射能が問題ないとの資料が発表されると、社会的な波長が予見された状況で、部署長の承認なしに流出したのは手続きの違反だ」とした>>

 

5月18日にも、本ブログは<韓国側の「福島処理水は問題ない」趣旨の資料、次々と消える・・論文は撤回、分析は削除>というエントリーで、似たような事例を紹介しました。ぜひ、合わせてお読みください。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5