韓国の保守派大統領候補、「日本の処理水、前は問題にしなかった」と指摘、→「極右か」と非難される→1日も経たずに「外交部長官を批判したものです」と解明

保守派の大統領候補、検察総長出身 尹錫悦氏。なんと、福島処理水のことで、「前はそこまで問題視しなかった」「時と場合によって政治的な次元で騒ぐべきものではない」という趣旨を話しました。久しぶりにいいこと言った、と思いました。

前に文大統領が「国際海洋法裁判所に提訴を検討」と話したときにも同じ趣旨の指摘が相次ぎましたが、こういうのは実際に被害が起き、それが確認されてからが本番になります。ですが、東北大震災による韓国への海洋汚染などは確認できなかったため、韓国側からもこれといった動きがありませんでした。この件については韓国内の原子力専門家も「福島原発事故の時も「放射能汚染水が韓国に影響を与える」と騒々しかったが、意味のある影響は認められなかった。いまはその0.003%でここまで大騒ぎをしているわけだ」と、似たような指摘をしています(過去エントリー)。

・・・・ですが、言うまでもなく「お前は日本極右か」「なんで国民大多数の主張を政治的なものにするのか」などと叩かれ、この発言の寿命は1日で終わりました。いまは「尹氏の発言は、当時の外交部長官 康京和(カンギョンファ)氏の発言を批判したものだ」となっています。韓国で「お前は日本極右か」という発言が持つパワーをよく表す、悲しい寸劇であります。以下、二つの記事から引用してみます。<<>>が引用部分となります。

 

<<・・ユン前総長の発言は、福島原発汚染水(※処理水)放流について、「事実、過去には大して問題にならなかった」、「その時その時によって、ある政治的な次元で見る問題ではない」と言った。「文在寅政権脱原発4年の逆説 遠ざかった炭素中立とエネルギー自立」をテーマにした討論会が終わった後、記者の質問への回答だった。ユン元総長は「日本政府や韓国政府は各国と透明に協議し、人々が疑問を持たないように進め、国際協力しなければならない」と付け加えたが、前の発言だけを見れば「福島汚染水放流に安全上の問題がない」というニュアンスで聞こえ、議論が起こった・・(韓国日報>>

 

 

<<・・昨日(7日)ユン前総長のスポークスマン室は、「昨年10月26日の国政監査で(当時)カン外交部長官が、『汚染水処理は日本の主観的決定事項』と回答したことを指摘するものだった」と明らかにしました。ユン前総長が脱原発政策を批判する討論会の後に、日本の福島汚染水放流についての質問を受けて、「過去には大して問題視せず、その時その時の政治レベルで見る問題ではない」と述べて議論が起きたことに対する解明でした。

ユン前総長スポークスマン室は、「そんなふうに、(※カン当時長官が)問題視しないと発言した後、最近(政府が)立場を変更し、再びこの問題を指摘し検証を要求するから、日本政府から透明検証と関連して協力が得られない、そういう指摘だった」と説明しました。続いて「今でも私たち政府が国際社会と協力して、日本政府に対して、福島汚染水と関連し、透明な説明と検証を促す必要がある」と強調しました。

ユン前総長の発言で、昨日与党側は「耳を疑った」と激しい批判が続きました。ユン前総長と次期大統領選挙支持率1位を置いて競争している李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事は「日本の極右勢力の主張を代弁するもの。日本政府の論理と変わらない」と一喝した。

続いて「日本政府には一言も批判せず、私たち国民大多数の主張を政治的発言にしてはならない」とし「(ユン元総長)の発言は、原発事故の想像を超える波及力について最小の理解もないのではと懸念される」と指摘しました・・(MBN>>

 

他にも、「韓国大統領になろうとするのか、自民党総裁になろうとするのか」などの批判が出た、とも。大統領が変わっても勢力が入れ替わっても、『反日』という真の首領の支配下にあるしかない。それをよく表すエピソードではないでしょうか。

 

 

次の更新、いつもより少し遅れると思われます。申し訳ございません

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5