韓国大統領府「日本は品格を示すべし」「『成果が予想される』首脳会談が出来るなら、訪日を検討する」

この「文大統領訪日ネタ」、飽きたのでもう書かないつもりでしたが、急に強烈なものが来たので紹介します。韓国大統領府が、ついにしびれを切らしたようです。首席秘書官 自ら「日本は品格を示せ」「首脳会談出来るなら訪日(オリンピック参席)を検討する」と話しました。しかも、首脳会談には「成果が見込める」という条件まで付けました。以下、東亜日報から引用してみます

 

<<大統領府が、今月23日の東京オリンピック開会式に文在寅大統領が出席するかどうかについて、「韓日首脳会談とその成果が予想された場合、訪日問題を検討できる」と述べた。文大統領の訪日条件として、菅義偉日本首相との首脳会談を掲げたのだ。東京オリンピック直前まで文大統領訪日の可能性は開けておいたことになる。

朴洙賢(パクスヒョン)大統領府国民疎通首席秘書官は7日、MBCラジオで、「どうせ行くなら、首脳会談を通じて韓日葛藤を解決する成果があればいい」、「日本政府も私たちの立場をよく知っているだろう。 (東京オリンピック)開催国である日本政府がそこに返事をくれるのが正しいと思う」と語った。

慰安婦と強制徴用被害者など過去史問題と輸出規制で悪化した韓日関係を解くために、着実に首脳会談を提案してきた韓国政府の要請に、日本が応答しなければ、日本を訪問することができないという意味である。朴首席はまた「最後まで開かれた姿勢で臨む」とし「日本もそんな問題をよく知っているので、もう少し開かれた姿勢で、この問題を解く姿勢を示すよう願う」と強調した。

朴首席は「日本政府が韓日首脳会談を開こうというメッセージを全然送っていないのか」という質問に「現在の状況を見ると、国民はそう理解しているだろうと思う」とし「外交は相手国を尊重する品格が必要になる。日本は世界の秩序の指導国らしく、そんな心得で品格のある外交に臨んでほしい」と話した。前日、日本産経新聞など、いくつかの日本のマスコミが「文大統領が訪日意向を日本に伝えた」という趣旨の報道を出したことで、迂回的に言論プレイ(※報道などを利用して、有利に事を進めようとすること)だと不快感を表現したものである。

 

朴首席がここまで発言したのは、文大統領の東京オリンピック開会式出席の可能性を開けておく単なるイベントではなく、首脳会談を通じて韓日葛藤を解くきっかけを作らなければならないという立場を重ねて強調し、日本政府を圧迫するためのものと見られる。文大統領は昨年9月、菅首相が就任した後、一度も首脳会談をしなかった。先月、英国で開かれた主要7カ国(G7)首脳会議で略式会談を推進したが菅首相が席を避けて失敗した>>

 

 

完全にしびれを切らしてますね、これ。なんと、公開的に条件を付けてしまいました。しかも、『成果が期待できる首脳会談』という、現状、いわゆる『無理ゲー』な条件です。これで、もし日本側が文大統領を招待しても、首脳会談が事前に決まって、しかもその議題や共同声明内容まで事前に(かなり韓国寄りに)決まらないかぎり、文大統領は訪日できなくなりました。

もし首脳会談無しに、または『平行線で終わった』な首脳会談のために訪日するなら、自分側で出した条件を自分で否定する形になるため、外交的には完敗になります。「招待されなかったから訪日しなかった」よりも、さらに大きな負けになるでしょう。ま、韓国には、「あとで『日本が後頭部を殴った』と言い張る」という無敵の必殺技があるにはありますが・・(苦笑

ソース記事のコメント欄に「竹槍で刺そうとする人と、誰が会談してくれるというんだ」というのがあって、ちょっと笑ってしまいました。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5