「韓国は、常に日本に何かを下賜する国でなければならない」という設定

韓国MBCのラジオ番組で、「菅政権は文大統領に依存している」「文大統領が訪日してくれないといけない状況」との主張が出てきました。どうしても「韓国は常に日本に何かを下賜する存在」という設定を守るためとはいえ、ちょっと無理があるのではないか・・そんな気がします。以下、MBCラジオから引用してみます。音声付き動画の自動再生にご注意ください。<<>>が引用部分となります。

 

<<・・(日本某大学の李某教授)米国の立場は、韓日間の協力関係です。日本も多くの圧力を受けているでしょう。韓国は積極的に改善しようとしているのに、日本が、今回の首脳会談まで拒否した場合、いくつかの圧力で菅政権が初期退陣することになるでしょう。現在、オリンピックを興行させ、菅政権が政権を延長するためには、すなわち文在寅政権に依存しなければならない状況にったわけです。だからこそ、そのため、私たちも外交カードをよく活用する必要があると見ます。特に、韓日首脳会談は今回の期間に多くのことを決めるのは難しいでしょう。しかし・・(※首脳が会談すればそれだけで意味がある、という内容の後に)・・首脳会談は必須です。

(番組進行者)「教授の言葉を整理すると、いま困っているのは菅で、私たちの文在寅大統領ではない、ということですね / (李教授)「簡単に言えばそうです。文大統領ではありません」 / (進行者)「じゃ、なんで韓日関係の改善措置を持って来なければ首脳会談できないという話を日本がするのですか?」

(教授)日本は一貫して、オリンピックとは別に、日韓間の問題は、韓国が作った問題、強制徴用裁判以降、すべて解決済みなのに国がこの問題が作ったと思って、一貫して、日本が納得できる措置をしなければ首脳会談ができないとしました。ところが、これは実質的に実務者の間で協議をしなければ解決できない問題だし、日本も、原則だけではこの問題の解決にならないでしょう。最終的には、日本の反応というのは、会談をせずに、政治的に利用だけしようというもので、おそらくここにも名分を立てながら、しかし、韓国には少し自分たちが損をしなかった立場は示さなければならない、そんな困難な点があるのです(※文章がかなり不自然ですが、一応原文ママです)。

 

(進行者)菅の立場からは、真に難題ですね。わかりました。とにかく、最終的に私たちが数日前にパク・スヒョン青瓦台国民疎通主席がインタビューした、日本の誠意ある措置を注文しましたが、例えば、正式首脳会談が開かれるとか、菅首相が受けいれる可能性があると考えますか。教授は。

(教授)今、菅政権の立場は、文在寅政権が必ず来なければならないものなんです(※多分、「文大統領が日本に来なければならない」の間違い)。それために韓国政府も、礼儀のための訪日とかではないので、もちろん開幕式に出席し、正式首脳会談をすべきなので、菅政権は受けざるを得ない状況です・・>>

 

個人的には、この前、G7の「文大統領のほうが先に歩み寄った」と同じ反応だと思います。当時、文大統領が先に菅総理に歩み寄ったとする日本側の動画付き報道に、韓国側は大統領府自ら「田舎臭い」とし、ついには「会談が予定されていたのに菅総理が蹴っ飛ばした」という話をぶつけてきました。あれと同じ反応に見えます。教授は「原則だけではどうにもならない」としていますが、今の日韓の問題を解決できるのは『原則』だけです。原則とは、国家間の約束を守るというとても基本的なルールのことです

ほかはともかく、なんで文大統領が来るとオリンピックが興行できるのでしょうか。率直に言って、オリンピック興行とは『まったく』関係ないと思いますが(もしバイデン大統領が来る・来ないとしても、それで興行が変わるのでしょうか?)。

余談ですが、今朝もまた一部の韓国メディアが「訪日が確定」と報じましたが、大統領府は「何も決まっていない。成果が予想される首脳会談が無ければならない」と、既存の立場を繰り返しました。それもそのはず、大統領府の秘書官が『成果が予想される首脳会談』を条件にして、まだ2日しか経っていません。文大統領が訪日するとして、会談無し、または適当な略式会談で終わったら、それこそ韓国の完敗です。「条件付け」は、諸刃の剣ですから。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5