韓国の戦争英雄「感謝の気持ちで大事にしてきたものを差し上げましょう。卒業の際に天皇陛下から授かった拳銃です」

親日派ってなんだろうか、と改めて疑問を投げつける記事があったので紹介します。先日、朝鮮戦争の英雄とされる崔英燮(チェヨンソプ)大佐が他界しました。中央日報が彼の自叙伝を引用していますが、そこには、日本刀や、ある拳銃の話が出てきます。1950年7月、北朝鮮軍に押されて後退、反撃を誓っていた李應俊(イ・ウンジュン)少将の話です。イ少将は日本刀で勝利を誓い、チェ大佐に感謝の意を込めて、彼が大事にしていた拳銃を、艦長に渡します。それは、イ少将が併合時代に士官学校を卒業した際、天皇陛下から授かったものでした。珍しく「新日というレッテルの愚かさ」を指摘した記事、以下、中央日報から引用してみます<<>>が引用部分となります。

 

<<先日亡くなった朝鮮戦争の英雄であるチェヨンソプ予備役海軍大佐が5月に発刊した自叙伝「海を抱く白頭山」には、このような記述がある。1950年7月、北朝鮮軍に押さた韓国軍は、麗水(※ヨス)から撤退していた。西南地区の戦闘司令官であるイ・ウンジュン少将も『白頭山艦』が係留した埠頭に到着、チェ・ヨンナム艦長が彼を士官室に案内した。イ少将は断り、椅子だけ持ってきてほしいと言った。日が沈んだ後も士官室には入らなかった。「今、私の部下たちが命をかけて敵と戦っています。私だけ安全な船の中で楽にするわけにはいきません。朝までここにおります」。当時、白頭山艦の甲板士官だった崔英燮大佐は、「イ将軍は、日本刀をまっすぐ立て、両手でつかん、船首で夜を明かした」と書いている。

麗水からの撤退が終わった後、イ少将は、白頭山艦の将校一人一人に感謝し、馬山(※マサン)に送ってもらったという。洛東江戦線であった。チェ艦長には、「感謝の印として、長い間大事にしてきた拳銃を差し上げますので受け取ってください」とした。拳銃は、イ少将が1914年に日本陸軍士官学校を卒業したとき、日本の天皇から受けたものだった。

日本刀、日本の天皇が下賜した拳銃を持った、日本の陸軍士官学校出身。この上ない「親日」証明である。実際、イ少将は、2000年代に「親日反民族行為者」に分類された。それでもチェ大佐の記述には、何のネガティブな語感も無い。むしろ「様々な悪条件の下で戦わなければならないイ少将悲痛な心と、部下たちを心配する指揮官の切ない心情が、夜空の月の光のように照らした(日本刀のこと)」、「二人は、戦場で熱い戦友愛を分かち合い、反撃の勝利を誓って別れた(拳銃のこと)」と書いている。今日の視線からすると、あまりにも不自然ではないか・・

 

・・北朝鮮だって、親日清算できず日本軍出身を起用した。かなりの「粛軍」がなされた後でも、北朝鮮空軍の主力は日本軍出身であった。さらに「北朝鮮は『反革命勢力』を排除して、北朝鮮地域を完全に親・ソ連、親・共産陣営に転換させた。この過程で、北朝鮮の「反革命勢力」は南側に来て、反ソ連・反共勢力になり、韓国の反ソ連・反共勢力と結合、韓半島の反ソ連・反共陣営の強化に繋がった(朝鮮人民軍※1)」という面もある。

チェ・ジャンジプ高麗大名誉教授が最近、「『親日か、反日かという問題』と、『共産主義に反対するのか、賛成して共産主義体制の下で生きることを望むか』という、全く別で、より複雑で、より重要な選択が、私たちに選択を強制している状況だ」とした理由である(※2)。「親日勢力が米占領軍と合作で支配体制を維持した」という、左派側の一部の認識は、あまりにも単純で安易すぎるし、良からぬ意図まで感じられる>>

 

 

以下、親日反民族行為者が親日反民族行為者に拳銃を渡してそれを見た親日反民族行為者が書いた親日反民族行為者向け書籍の内容を親日反民族行為者な記者が記事にして親日反民族行為者な新聞社に載ったものを親日反民族行為者が訳してエントリーしました。

記事の李應俊(イ・ウンジュン)少将は、独立運動参加を拒否した、青年たちの日本軍志願を激励した、などの理由で親日反民族行為者リストに載っています。あと、「※」に簡単に注釈を付けて終わりにします。

※1・・記事には記述がありませんが、朝鮮人民軍と北朝鮮の独裁政権の関係をまとめた漢陽大学キムソンホ教授の本「朝鮮人民軍・北韓武力の誕生と唯一体制の起源」のことだと思われます。

※2・・ちょっと分かりづらい文章ですが、チェ・ジャンジプ教授なら、1週間ぐらい前に『軍事政権は、反共を使って二分法的な選択を強要しすぎた。それと戦ってきたという人たちが、今になって親日を使って同じく二分法的な選択を強要するようになった』という趣旨を話したことがあります。多分、そのことだと思われます。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5