訪日は諦めたか・・? 韓国与党院内代表「日本はオリンピックを政治利用するな」「日本は正常な国ではない」「日本は恥を知れ」と憤怒

「あ、いわゆる『成果のある首脳会談』の話がうまく進まないでいるようだな」と思われる記事がありました。普通、大統領の訪日及び首脳会談の調整をしているなら、与党側は不必要な発言を控えるものでありますが・・与党 共に民主党の院内代表が、「日本は正常な国ではない」など、日本を強く非難しだしました。国会交渉団体(院内交渉団体)など、正当の国会運用を仕切る職位の人を院内代表と言います。以下、聯合ニュースから引用します<<>>が引用部分となります。

 

<<共に民主党の尹昊重(ユン・ホジュン)院内代表は14日、日本政府の独島(※竹島のこと)領有権主張に対して「政治行為を禁じるオリンピックを、独島領有権主張の舞台に悪用するなら、両国関係は破局を免れないだろう」と警告した。ユン院内代表はこの日、最高委員会議で、「東京オリンピックを十日前に控え、日本が再び独島挑発を敢行した」と明らかにした。日本がオリンピック聖火リレーで地図に独島を日本の領土と表示したのに続き、今年の防衛白書で独島を竹島と表記した問題を指摘したのである。

彼は「両国は今回の五輪を関係改善の契機にして、首脳会談の開催も協議してきたが、丁寧に整えたパーティーテーブルを、最後の最後でひっくり返してしまった」とし、「17年も続く独島に対する強迫的執着が生んだ敗着(※囲碁でいう『敗因となる悪い手』)」と指摘した。

日本政府が2015年韓国人強制労働施設を世界文化遺産に登録し、犠牲者を追悼する展示施設を用意すると約束した後、履行せず、むしろ強制徴用歴史を歪曲する内容を、日本の産業遺産情報センターに展示したのも強力批判した。ユン院内代表は「政治で多くの食い逃げ犯を見てきたが、世界文化遺産を食い逃げするのは初めて見る。しまいには、ユネスコの世界文化遺産委員会が強い遺憾を示すほどだ」とし「正常な国家ならできないことである。恥を知らなければならない」と述べた>>

 

最初の部分に書いたとおり、成果のある(遠い目)首脳会談とやらが、うまく行かないでいるようだな・・と真っ先に思いました。これが「諦めた」のか、それとも「強気を示すときだ」と勘違いをしたのかはまだ分かりませんが。

でも、もう1つ、国民感情にアピールするという側面もあるでしょう。最近、ワクチン関連で批判が強くなっています。特に、一部の当局者の発言などで、感染者数が増えたことで若い人たちを非難する論調があり(3派流行のときより若い人の比率が高いそうです)、20~30代の人たちは『ワクチン接種の順番もまで来てないのに、悪者扱いかよ』と不満を顕にしています。50代もまた、昨日もお伝えしましたが、ワクチン確保でいろいろありましたので、険悪ムードです。韓国側の記事でよく「グァンクル」という造語が出てきますが、これはグァン(狂 광)とクル(クリック 클릭)を合わせたもので、ワクチン予約のためにマウスをクリックしまくるという意味です。

そこを気にしての、国民感情におもねるパターンではないのか、こんなときは反日に限る!そんな感じのもの、という可能性もあります。どちらにせよ、くだらないものですが。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5