韓国選手団は、何で日本に来たのか・・「旭日旗やめさせる」「福島食材は食べない」

「なんでそこにいるのか」は、合法か違法か、肯定か否定か、良しか悪しか、そんなものとは違うニュアンスがあります。人の家に居座っている人が、その家の(大家などの)主権行史に不満ばかり言っているなら、誰もがその人にこう言うでしょう。「なんでそこにいるの?」。そこまで嫌なら他の選択があるだろうに、という意味です。そこにいなければならない何かの呪いにでもかかっているなら、話は別ですが。

最小限の尊重をも示すことができないなら、その場所には行くべきではない、居座るなんてもってのほか。その場所から出ていくことができない何かの理由があるなら、せめて口の聞き方に気をつけるぐらいの尊重だけでも示すべきであろう、、。これは、人が他人と共に生きるにおいて、基本となる心得の1つだと、私は思っています。

最初から東京オリンピック・パラリンピックに反対し、不参加(選手個人資格での参加)を表明したなら、まだ分かります。でも、そうでもないなら、こんな悪条件の中でオリンピックを開催する日本に対して最小限の尊重でも示すべきでありましょう。防疫関連の話でも「韓国はウィルスではなく日本と戦っているようだ」という趣旨を書いてきましたが、オリンピックでもまた、韓国は日本との戦いを始めています。

 

まず、昨日もお伝えした李舜臣応援横断幕ですが、撤去することになりました。戦時メッセージを連想させる、などの理由です。ただ、その際に韓国側(大韓体育会)は、「旭日旗にも同じ基準を適用すると約束せよ」とIOCに抗議、IOCも「同じ基準を適用する」としました。韓国側のメディアには「旭日旗禁止」としている記事もありますが、IOC「同じ基準を適用する」としています。また、読売新聞が報道してくれて心強いところですが、韓国選手団は福島の食材を忌避すると公然と明らかにしました。以下、二つの記事から引用してみます。どちらも日本語記事ですので、引用は短めにします。<<>>が引用部分となります。

 

<<東京五輪に参加する韓国選手団が選手村に対日戦争を連想させる内容の横断幕を掲げた問題で、大韓体育会がこれを撤去した・・・・「大韓体育会は李舜臣将軍の横断幕を撤去することで合意した」と問題の横断幕の撤去を決定。しかし韓国側は単に撤去要請を受け入れたわけではなく「体育会は垂れ幕フレーズと関連して、競技場内の旭日旗の使用にも強く異議を唱えた。すべてのオリンピックスタジアムで旭日旗を使用することもオリンピック憲章50条を適用して判断することを約束するよう求めた」とかねて問題視している旭日旗使用の禁止を『交換条件』として、横断幕撤去を受け入れたとしている。東京五輪開幕を前にぼっ発した日韓の火種はまだまだ尾を引きそうだ(東スポ、ヤフー経由>>

 

<<韓国のオリンピック委員会に当たる大韓体育会が、東京五輪の選手村の食事で使われる福島県産などの食材を食べないよう、自国選手団を指導していることがわかった。放射性物質による汚染の危険があると主張している。自民党内からは「そこまでいちゃもんをつけるとは本当に不愉快だ」との批判が出ている。2011年の東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、福島県産などの農水産物は放射性物質検査を経て、安全なものだけが出荷されている。大会組織委は、検査の数値も示して安全性を説明していた。 しかし、大韓体育会の担当者は取材に、「放射能汚染の危険性を考慮し、食事をする場合は(福島産などを)摂取しないよう注意喚起している」と語った(読売新聞、ヤフー経由>>

 

選手村近くのホテルに給食支援センターを作って、希望する選手に弁当を届けるというものですが、ソース記事にも書いてありますが、韓国側は前にもこんなシステムを運用していました。そうなら、「前からこうしてきたから、希望者に弁当を届ける」とすればいいでしょう。なんでわざわざデータをガン無視してまで「放射能」がどうとかと公式に嫌味を言い、福島及び被災地の方々の心をズタズタに切り裂くのか。まったくわけがわかりません。

 

5月28日「デイリー(ヤフー経由URL)」によると、東京五輪・パラリンピック組織委員会は、都内で大会における持ち込み禁止物品に関する説明会で、<<・・韓国などが問題視する旭日旗については・・・組織委の岩下剛警備局長は『旭日旗のデザインは日本国内で広く使用されているものであり、それ自体が政治的主張や差別的にはならないことから、それ自体が持ち込み禁止には該当しない』と、強調した・・>>、としています。

開催国の組織委員会が「持ち込み禁止」品目にしていないので、どういう「適用」や「判断」が行われるのかは分かりません。もし適用されるとしても、ケース・バイ・ケース(旭日旗そのものより、やり方による?)でしょう。ただ、普通の試合ならすぐ分かりそうなものですが、試合が無観客なので・・判断をする場面そのものがあるのかどうか、微妙です。普通、こういうのは開催国の組織委員会の意見が優先されたりしますが、そういう決まりがあるわけでもありません。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5