韓国各紙、ビクトリーブーケ関連で「韓国側の常識的な指摘に日本が怒った」と、どことなく満足気な記事を乱発

最近、オリンピックに関連したニュース番組などで、韓国側のいいがかり、特に放射能関連のものがちゃんと報道されているのを見て、一安心しています。嘘を付かず、ありのままに伝えること。こうして韓国側のスタンスが日本の皆さんに知れ渡ることは、とても大事なことです。

そもそも、NAVERやDAUMなど韓国の大手ポータルなどで「福島」と「客観(または数値など)」のキーワードで検索してみると、最近の記事は全然ヒットしません。もっとも最近のものとしてヒットする記事が、IAEAの専門家チームに韓国人スタッフも参加する、という記事です。少なくともネット版が存在する記事は、韓国ではこの二つのポータルサイトを避けて通ることはありません。言い換えれば、福島関連で客観という字が入っいる記事が1つも無いと言ってもいいでしょう。

にもかかわらず、韓国側はそんな日本側の反発を、また記事にします。「日本がいいがかりをつけてきた」「日本がムッ(발끈)としてる」などの記事で、本ブログでも紹介したビクトリーブーケの件も、例外ではありません。

 

いつもは韓国寄りの記事が多かったAERA dotも、今回の韓国側の対応を批判する記事を載せましたが、そこで「韓国人選手には、悪いけどビクトリーブーケを与えないという手もある」と日本の政府関係者の話を載せています。<<>>が引用部分となります。

<<・・政府関係者は「今まで日本をバッシングする報道が韓国で流れてきたが、これはあまりにも酷い。科学的根拠もなく、被災に遭った地域の方々を侮辱している。政府はIOCに抗議して厳重注意を求めた方がいい。『大人の対応』で静観しては風評被害を受ける。この記事を訂正しないのなら、韓国のメダリストに気の毒かもしれないが、ビクトリーブーケを渡さなくていい」と語気を強める・・(AERA dot該当記事、発言はページ2にあります)>>

 

今回、韓国側はこその部分に集中的に食らいついています。もちろん、韓国側の主張が客観的に証明できるものだとする内容は、韓国側の「食らいつき」記事にもありません。とりあえず手元にある(ブラウザー表示中の)記事を1つだけ、引用してみます。

<<・・東京オリンピック組織委員会は、福島原発の被害を克服する姿を世界中に示すという趣旨で、福島で育った花束を準備したが、放射能の懸念は相変わらずだ。韓国マスコミの報道は、これらの常識的な懸念をベースとしたものにもかかわらず、日本はこれに対して強い不満を提起しているのだ。日本政府関係者は、「これはひどすぎる」とし「科学的根拠もなく、被害を受けた地域の住民を侮辱している」と述べた。また「政府もIOCに正式に抗議しなければならない」と強調した。また、「記事を訂正しなければ韓国のメダリストたちに花束を与えないほうがいい」と話した・・>>

特にMBNの場合、AERAの記事では「政府関係者」となっているこれらの発言を「福島県知事の発言」としています。一度でも読んでみたのでしょうか。修正されるかも知れませんが、このエントリーを書いている時点では、まだ修正されていません。こういう記事が、なぜかほぼ同じ文章で、溢れています。

私の心が曇っているせいもあるでしょうけど、それらの記事は、「日本が怒ってる」と、どことなく満足しているように見える・・そんな気がしました。最近、連続でキツイネタが多すぎます。私がキツイと思うぐらいだから、テレビニュースなどでこれらの件を接した日本の(いつもは韓国関連情報などをチェックしない)方々は、相当悲しんでおられることでしょう。特に、被災地の方々はどんなご心情か・・

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5