A「うちの祖父は独立有功者です」→記者「有功者にそんな人いません」→A「文大統領の父親も親日派です」

本エントリーはオーマイニュースの記事その1その2を参考にして書いています。

「剥いても剥いても(カドカド)美談(ミダン)しか出てこない」という意味で、「カミダン」、適当に意訳すると「美談マン」と呼ばれる人がいます。3代にわかり、家族に美談しかないと言われています。父親は朝鮮戦争で軍人として戦った人で、祖父は日帝に抗った独立運動家。家族が集まると国歌を4番まで歌う、などなどです。「家族の会合で国歌を歌うのもそうですが、4番まで歌う必要がありますか」というツッコみもありますが、まぁ美談マンということになっています。チェ・ジェヒョンという人で、支持率はマイナーですが、大統領候補です。

で、その祖父のほうですが・・なんか、朝鮮人を蔑視する日本人教師を追放するため全学生登校拒否を主導し3年間の外出禁止命令を受けたとか、純宗(高宗の息子)を弔うマークを付けて登校して、結局は退学されたとか、それから独立運動をして、戦後 大統領表彰を受けたとか、そんな話がてんこ盛りです。韓国では美談です。余談ですが、「大統領になったらどんな政策を行うのか」は聞いたことがありません。私が知らないだけかも、ですが。

 

で、「国歌を歌う」と自慢する人を、韓国の左派側が放っておくはずがありません。「オーマイニュース」の市民記者たちが調べた結果、美談というものはほとんどが証明できるものではないし、なにより、独立有功者名簿にそんな人はいませんでした(※大統領表彰だと有功者になります)。それに、教師がどうとか言うのも、その学校で「生徒をよく殴る教師」に対して不満を示す運動があり、主導した学生たちがこれといって処罰されたことも無いそうです。3年外出制限命令というのも、当時そんな命令はどこの記録を見ても出てこない、とか。オーマイニュースはこのことを報じながら「(もしそんな命令が存在したとしても)当時(併合時代)、裁判記録も無いのにそんな命令が出せるものか」と書いています。いいんでしょうか。こんなこと書いて(笑

 

しかも、その祖父の人、韓国では『日帝が朝鮮人を監視するために作った』ということになっている自治団体の委員に入候補したり(落選)、国防献金を定期的にしたり、同じく韓国が「日本の傀儡国家」としている満州国の朝鮮人居留民団長だったとか、いろいろ当時の資料が出てきました。韓国の基準だと、親日派と言われてもおかしくない履歴です。

 

美談マン、チェ・ジェヒョン氏は、「そんな基準で祖父を親日派にするなら、文在寅大統領の父親も親日派だ」と主張しました。ここからは、この騒ぎを報道している別の記事、「ソウル経済」から引用してみます。<<>>が引用部分となります。

<<~チェ・ジェヒョン候補側はまた、チェ候補の祖父が満州国で朝鮮居留民代表をしたことと関連しても、「当時の平均的な教育水準から見て、祖父が朝鮮人代表になったのは、決して親日派だからではない」とし「それを言うなら、興南の農業係長だった文在寅大統領の父親も親日派だという指摘から逃げられないだろう」と指摘した。続いて「チェ候補の祖父が親日派だと主張するために、(※記事は)面長をしていた曽祖父まで取り上げた」とし「日帝時代に面長をした数万の朝鮮人は全員親日派か」と反問した・・>>

韓国基準だと、全員が親日派になるかもしれません。大統領の父親もそうだし、金正恩氏すらも、北朝鮮の基準だと親日派になりますから(氏のお母さんの父親が、日本軍の軍需工場で働いていました。金日成氏は親日派の処罰対象を『3代』にしているので、金正恩氏も含まれます)。

 

やはりいちばん面白かったのは、オーマイニュース側が熱くなりすぎたのか「当時(併合時代)、裁判も無しにそんなことが出来るものか」と書いている点です。法治主義が機能していたと認めていいんですかねーひょっとして親日派かなー・・・ 次に、「敵(日本と北朝鮮)が無いと、美談も作れないのか」という点です。

さて、初登場からピンチの美談マン、次のエピソードにご期待ください。続くかどうか分かりませんが。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5