IOC、「旭日旗はケースバイケースで判断する」と韓国側に通知・・韓国側の発表とは違う内容

IOCが、「旭日旗は禁止品目ではない」「(今まで通り)ケースバイケースで判断する」という立場を韓国側に通知したことが明らかになりました。例の李舜臣横断幕の頃からの韓国側の一連の発表は、嘘だったことになります。以下、聯合ニュースの記事から引用してみます<<>>が引用部分となります。また、ソース記事にある「東京スポーツ」の記事というのは、この記事だと思われます

 

<<日本体育当局は、国際オリンピック委員会(IOC)が競技場で旭日基を禁止することにし、書簡で約束したというイ・ギフンの大韓体育会長の発表を否定した。日本のメディア「東京スポーツ」によると、武藤敏郞 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会事務総長は、旭日旗と関連、IOCが『今までの立場と何も変わっていない。すなわち、事案に応じて(※ケースバイケースで)判断する。一般的に使用禁止とは言ってない」という趣旨で、9日午前、韓国側に通報したと、この日の記者会見で語った。

武藤はIOCが旭日期禁止するという立場を文書で明らかにしたというイ会長の前日の記者会見の発言は「事実ではない」と記者会見で主張し、このように説明した。彼は旭日基をめぐる議論が、「前から話題になったため、IOCに事実を確認した」とし「(IOCが)禁止すると言ったといのは事実ではない。確実に言っておく」と強調した。

イ会長は、8日に開かれた記者会見で、「スポーツ外交の大きな成果として、IOCから、今後の競技場で旭日器を使用できないようにすると書簡を受けた」と述べた。東京オリンピックで旭日旗論議は韓国選手団が選手村の建物の外部に「李舜臣将軍横断幕」を掲げたことに日本が敏感に反応して始まった。李舜臣将軍の名言を引用した「私にはまだ5千万国民の応援と支持が残ってあります」というフレーズについて、日本極右勢力などは政治的な意図として解釈されることができると反発した。波長が大きくなると、IOCはオリンピック憲章50条を根拠に韓国選手団に垂れ幕撤去を要請した。大韓体育会は、競技場内での旭日旗の使用もオリンピック憲章50条を適用するというIOCの約束を受けて李舜臣将軍の横断幕を撤去した。

体育会の関係者は、「IOCから旭日旗も憲章50条に基づいて判断するという書簡を受け取った後には、今回の事案と関連した別の連絡が来たことはない」と強調した>>

 

何度も『福島食材を避けるため』と言い切ってきた、イギフン会長。邪推ですが、選手団の成績がパッとしなかったことで、「それ以外の成果」としてこの件を強調するために嘘をついたのではないでしょうか。

そもそもイ会長が8日に何か話したというニュースをチェックしていませんが、李舜臣横断幕撤去の際のときにIOCと言い争ったことでしょう。その件、韓国側は「IOCが旭日旗にも同じことを適用すると言った」とし、まるで禁止品目にしたようなニュアンスで話していましたが、横断幕の後にも日本のオリンピック組織委員会は「今まで通り、旭日旗は搬入禁止品目に入ってない」としてきました。無観客試合なのでそもそも観衆がいなかったものの、もし韓国側の主張通り、IOCが韓国側と約束を交わしたなら、日本のオリンピック組織委員会もスタンスを変えざるを得なかったでしょう。そういう点からしても、そしてなにより日頃の行いからしても、これは日本側の発表が事実だと思われます。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5