韓国教授「オリンピック後に日韓葛藤がレベルアップするだろう」

高麗大学校日本研究院のノ・ユンソン教授が、『東京オリンピックは、その組織的な韓国バッシング(けんかん)により、日本の韓国バッシングが一段と強化されるきっかけになるだろう』と主張しました。K(かなり)・長文なので、気になった部分だけ引用してみます。引用ですので加筆はしていませんが、一部、段落のテーマに合わせてまとめ直した部分があります(話の途中に別の話が出てきたりするので)。以下、ソウル新聞です<<>>が引用部分となります。

 

<<2002年韓日ワールドカップは、両国の共同開催の趣旨とは裏腹に、日本国内の韓国バッシング気流が爆発的に拡散されるきっかけとなりました。韓国サッカーは4強に上がったのに、日本が16強で脱落すると、インターネットを中心に集団憤怒が溢れ出たのです。 「韓国の工作で日本がワールドカップ単独開催できなかった」、「韓国人が審判を買収して勝利を盗んだ」など根拠のない非難があふれました。

今回の東京オリンピックでもそれと同じぐらい深刻な韓国バッシングが噴出されました。いくつかの面では、当時よりもはるかに組織的、計画的な形で現れたと言えます。東京オリンピックが日本国内韓国バッシング気流を一次元高い段階に上げるきっかけになる可能性もあります。

私たちも感情的に対応した部分が全くないわけではないともいえますが、問題は日本が主催国としての品格にふさわしくない、様々な手段と方法で韓国を刺激したことです。日本のメディアとソーシャルメディアには、韓国と韓国選手団に対する誹謗と嘲笑があふれました。

もはやネットだけの話ではなく、主流メディアのテーマに浮上しただけでなく、かなりの部分、政府の要求によるものです。今回のオリンピックで独島(※竹島のこと)表記の挑発や旭日旗応援ができるようにしたこと、「慰安婦妄言」の作曲家の音楽(※ドラクエ)の使用などは、政府の影響力が作用した典型的な例として見ることができる。主流放送局も堂々と韓国バッシングに参加しています。

(日本の文化コンテンツは極右な思想が入っているから韓国は注意が必要だ、韓国ドラマが日本で人気だとしてもそれが韓国バッシングを制御できるわけではない、という話をしながら、『鬼滅の刃』で炎獄のシーンを持ち出して)山本五十六が軍刀を身に着けたまま正座して武士らしく死んだという話から来ています。このアニメーションは帝国主義の歴史を美化し、賛美する極右イデオロギーが込められているという事実が、国内でも広く知られることを願っています。一部では、韓国ドラマや歌など、日本国内の韓流が韓国バッシングを抑制する力になることを期待しているようですが、それも可能性のない話です、韓国バッシングだけど韓国ドラマ好きだと言う人もいます。

韓国バッシング扇動が日本を越えて周辺諸国に広がる可能性はいくらでもあります。韓国が国際社会でより積極的に対応しなければなりません。今回韓国オリンピック代表団が別途の給食センターを作ったことなどで、日本で韓国バッシング性誹謗が続いたが、それが他の国に「韓国が東京オリンピックのイメージを故意に毀損した」という誤った認識を植えつける恐れもあります。韓国こそ韓国バッシング問題を国際的に公論化する必要があります。

韓国の反日のせいもあるという一部の主張もあるにはあるけど、日本の韓国バッシングと韓国の反日を相対主義の観点からして評価すること自体ができません。それは被害者と加害者を同じ線上で見るようなものです。過去の歴史に対する謝罪が正しく行われていない状態で、今村山談話、河野談話などの否定まで行われているのが、日本の現実です。長い安倍政権の右傾化トンネルを経て、日本国民の認識もますます危険水位に向かっています>>

 

この教授が主張しているのは「東京オリンピックは、2002WCのときのように、韓国バッシングがレベルアップするきっかけになるだろう」ということですが・・そうですね、今回の東京オリンピックが、日本国民の皆さんの『韓国』というイメージをより現実的なものに変えたのは事実だと思います。それを韓国バッシングだと言うなら、たしかにレベルアップになるかもしれません。ドラクエつながりで。

ただ、最初に「韓国がベスト4に進出したから日本の集団的な憤怒が爆発した」という話から始まりますが、じゃ、今回のオリンピック順位と韓国バッシングの関連性はどういうものでしょうか。あえて一つだけ指摘するなら、『加害者と被害者』というくだりからも分かりますが、『日本は韓国に文句を言ってはいけない。韓国は日本に何をやってもいい』とする考え方です。

根拠も無く人を見下し、自分だけ偉そうにする人が近くに住んでいるとします。誰がそんな人を好きになりますか。約束を守らないことを正義だと主張する人を、誰が社会人の一人として迎え入れてくれますか。ただそれだけのことです。普通、人が隣人に期待しているのは正義ではありません。『常識』です。韓国に要求されているのも、同じです。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5