韓国大統領直属機構、「北朝鮮を経由して電力を輸入する」案を想定・・その名は「東北亜グリッド」

アニメや特撮のかっこいいグリッドマンならいいですが、そうではないグリッド(この場合はネットワークの意味です)の話です。

この時期、各国が「炭素中立(カーボン・ニュートラル)」についての案を出すこと、そしてそこに多少は無茶な内容が含まれていること、そういうのを悪く言うつもりはありません。韓国も、文在寅大統領がカーボン・ニュートラルを宣言し、関連委員会がシナリオを発表しました。内容は「かなり」無茶苦茶なもので、まだ実用化されていない技術を「多分、できる」と想定してのカーボン・ニュートラル時代を描いています。入っても来ないワクチン予約かよ・・な気もしましたが、本ブログではエントリーしませんでした。

ですが、妙な話が飛び込んできました。他でもない大統領直属機構が発表したこのカーボン・ニュートラルへのシナリオに、「北朝鮮を経由して、中国やロシアから電力を輸入する」案が想定されている、というのです。北朝鮮関連の話は出てなかったので、また何かの陰謀論かと思ったけど、そうでもありませんでした。どういうことなのか、韓国が発表した未来のエネルギー受給政策、いわゆる「東北亜グリッド」を、ソウル経済の記事から引用します。<<>>が引用部分となります。

 

<<大統領直属カーボンニュートラル委員会は、2050年のカーボン・ニュートラルを達成するためのシナリオ1案・2案に、「北東亜グリッド(Grid・電力網)」を盛り込んだ。具体的な国名までは公開しなかったが、中国とロシアに送電網を設置し、国内まで電力を引いてくる案を構想していることが分かった・・・・ドイツ、デンマークなど欧州諸国は、近隣諸国との「スーパーグリッド」を構築し、常時電気を供給している。文在寅大統領も2017年、の第3次東方経済フォーラム(※Eastern Economic Forum)で、中国・ロシアなどと「北東アジアグリッド」の構築を提案している。

問題は、ドイツなどのヨーロッパ諸国と韓国の地政学的条件があまりにも違う点だ。それに、中国・ロシアから電気を引いてくるためには、海の上に迂回する電力網を作らない限り、北朝鮮を経由して電力を供給しなければならない。ややもすると、電力網が北朝鮮の「人質」にされてしまうこともあるというのが、専門家たちの指摘だ。

北朝鮮は明確な理由を付けずに、開城の南北共同連絡事務所を爆破した履歴もある。ジョ・ハヒョン延世大経済学部教授は、「北朝鮮の送電網を使用するためには、かなりの利用料を支払わなければならないと予想されるが、それだけでなく、国内企業が(※北朝鮮の)古い送電網を新たに作り直す負担までかかえることになる」とし「北東アジアグリッドには、対北朝鮮リスクがほとんど考慮されていない」と述べた。

北朝鮮問題の他にも、中国やロシアに韓国のエネルギー安全保障を任せてもいいのかという指摘も出ている。伝統的友好国でもない国に、安全保障において重要な資源を握られると、後でもっと大きな負担になるというのだ。政府がこの日提示したカーボンニュートラルの3つのシナリオのうち、3案には北東亜グリッドが入ってないが、再生可能エネルギーなどの他のエネルギー源にかかる負荷がもっとも大きな案であり、結局は、何らかの形で東北亜グリッド推進計画が追加されるだろうと思われる・・>>

 

この「東北亜グリッド」で輸入する電力は、原発3基分で、韓国内の電力需給からするとそこまで大きな割合ではありません。ここからは私の邪推ですが、実は北朝鮮に電力を供給するためのインフラ構築を韓国が手伝うという話ではないのか、気になります。

なんでそう思うのかと言うと、南北鉄道連結のときとそっくりだからです。南北鉄道が連結すれば物流に革命が起き、韓国はユーラシアの方まで進出、日本はそんな韓国に「海底トンネルで日韓を繋げてください」と泣きつくだろう・・そんな話がありました。非現実的だとの指摘もあったけど、無駄でした。私は今でも、この鉄道連結というのが、韓国の経済のためではなく、北朝鮮側のインフラ建設を韓国が手伝うためのものではなかったのか、そう思っています。鉄道ができるには、電力関係のインフラ整備も必要になるでしょう。文大統領が原発関連のデータを北朝鮮に渡した、という話もありました。これは不明なことが多すぎでなんとも言えませんが・・そういう話の「延長線上にある」のではないでしょうか。

カーボン・ニュートラルについて、日本内でも、韓国と協力するとかそんな話が出てくると予想されます。東北亜グリッドが鉄道連結だとすると、その話は海底トンネルにあたいするものでありましょう。いわば、同じグリッド(ネットワーク)上に存在することになります。この話、日本としては絶対避けるべきでありましょう。

というか、ワクチン問題は海外に依存しているからだ、としながらモデルナ社のせいにしていた文大統領ですが・・こういうのは『赤』側に依存していいのでしょうか。

 

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5