韓国、1156万人の2回目接種を延期・・大統領は謝罪なしに「ワクチンを海外に依存しているからだ」

ワクチン関連でいろいろ騒ぎが起きている韓国ですが、今度は大規模接種(2回目)延期が決まりました。2回目接種の延期対象者は、なんと1156万人です。政府が、大統領が提示した「9月まで1次(1回目)接種70%」を達成するために、2次接種の期間を2週間ずつ延期したわけです。必要以上に1回目接種に拘っているのではないか、ワクチンの自転車操業ではないか、そんな指摘が出ています。以下、<<>>が各記事の引用部分となります。

 

<<・・政府が、モデルナのコロナ19ワクチン8月供給分の削減通報に基づいて、最大6週間まで接種間隔を調整する案内メッセージを12日から発送する。11日コロナ19予防接種対応推進団によると、接種間隔を従来の3〜4週間から5〜6週間に延長する対象は、8月16日以降、mRNAワクチン2回接種を予約した1156万人である。mRNAワクチンはモデルナとファイザーが該当する・・(釜山日報>>

1156万人って、これ、全員がちゃんとメッセージを受け取って読むのでしょうか?まずそれが疑問です。それに、よくもこれだけ予約を受けたものだな・・と。9月までに70%なら、その分、2次接種者はどんどん増えることになりますが、彼らはどうするつもりでしょうか。韓国側のメディアもさすがにこの件で「本当にこの方向性でいいのか(ソース記事の題)」、「ワクチン自転車操業もそろそろ限界か」「ワクチン後進国」などと不満を露わにしています。

 

<<・・mRNAワクチン接種の間隔を6週間に延長したことも、「9月まで1回接種率70%以上を達成」という目標に集中するためだ、との批判が出ている・・・・匿名を要求したある専門家は、「9月1回接種率70%を達成するため、(※韓国政府は)予防接種専門委員会の『mRNAワクチン接種の間隔は最大6週間』勧告を拡大解釈している」、「専門委員会は、ファイザー3週、モドや4週間隔を守り、医療機関の接種条件、接種者個人の事情を考慮して、最大で6週間を勧告したものであり、6週間隔にしろと決めつけたわけではない」とした・・(ニューシース>>

 

<<・・政府は、7月に供給延期された196万回分も含め、モデルナワクチン1046万回分が8月中に国内導入される予定であると発表したが、実現されなかった。(※もともとは50代にモデルナ、40代にファイザーを使う予定だったが、モデルナの受給問題で)50代の接種にファイザーを先に使い、今月末に始まる18〜49歳の接種分は、新しく入ってくるモデルナワクチンで満たす予定だった。しかし、モデルナ確保計画が失敗し、「ワクチン自転車操業」にも限界が明らかになってきた・・(ニューシスの別の記事>>

 

<<・・このような「ワクチン自転車操業」も限界状況だ。供給のスケジュールはズレるばかりで、国民の70%に11月末までに2次接種を完了するという目標も、すでに難しくなった。政府は1次接種人口2000万人、接種率40%を強調する。それでもワクチンの効果を担保することができる2次接種まで完了した人口の割合は、まだ15%水準で、経済協力開発機構(OECD)38加盟国のうち最下位だ。私たちよりもワクチン接種が遅れていた日本の接種完了率は、もう33%水準で、韓国はその半分以下にとどまっている・・

・・政府のワクチン政策は完全に失敗した。信頼も失った。ソーシャルディスタンスに集中した防疫措置に、国民はもう耐えられない。政府が最も優先すべきだったワクチンの確保を無視して、国民の規則遵守と強制的なソーシャルディスタンスに頼って「K-防疫」を掲げ防疫模範国だと自画自賛してきた結果が、ワクチン後進国への転落である・・(韓国の経済新聞『イートゥデイ』)>>

 

1156万人という数字がちゃんと出てなかったら、多分、エントリーしなかったと思います。全人口5千万の国で、ワクチン接種1156万人延期となると、これは一大事でしょう。大統領が何か一言謝ってもいい気がしますが・・そんな話はどこにもありません。9日のことですが、文大統領は「ワクチンを海外に頼っているからだ」としながら、国産化に力を入れるとか言ってました。この記事を引用して、終わりにします。あ、ちなみに、シンシアリーは上腕部に違和感がある(少し痛い?)ぐらいで、何ともありませんでした。

 

<<・・文大統領は、9日午後、主宰した青瓦台(※韓国大統領府)首席及び補佐官会議で、「ワクチンを少数の海外企業に依存するしかないので、私たちがワクチンの需給を自分で決めることができない」とし、責任をモデルナに押しつけました。また、OECDワクチン接種最下位との報道とモデルナ需給支障による現場の混乱にもかかわらず、「最近ワクチン接種が再び速度を出し、40%以上の国民が1次接種を終え、チュソク(秋夕、旧暦のお盆)前には3600万人(※約70%)の接種を目標にしている」と、現状を自賛しました・・(韓国経済>>

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5