韓国紙「韓国選手団はオリンピック精神で世界に感動を与えたのに、日本は言いがかりばかりだ」

複数の韓国メディアが、JBPRESSの記事(詳しく記述はありませんが、多分この記事だと思われます)に強烈に食らいついています。韓国選手団はオリンピック精神を発揮して世界に感動を与えたのに、なんで日本は反日がどうとかと言いがかりをつけるのか、というのです。良いシーンを見せてくれた韓国選手も確かにいましたが・・叩かれているのは選手個人じゃないでしょう。強いて言うなら韓国選手団でもありません。『大韓民国』そのものです。しかし、どの口がいまさらオリンピック精神がどうとかと言えるのか、そもそも口が一つなのかどうかが気になるところです。

今回のオリンピックで韓国が『やらかした』ことに関しては、韓国内でもいろいろ批判する記事がありました。MBCの報道態度とか、いろいろ。しかし、それはあくまで「MBCが韓国に恥をかかせた」という認識のものであり、韓国が日本でやったこと、放射能がどうとかと日本の心を踏みにじったことに関しては、批判などどこにもありません。一部の弱小メディア指摘しているだけです。そういう側面と繋げてお読みください。以下、ニュース1の記事から引用してみます<<>>が引用部分になります。

 

<<多くの議論の中で行われた2020東京オリンピックが幕を下ろしたが、日本のメディアが、韓国が五輪を政治的に利用した「迷惑客様」だったと評価した。恥知らずな態度、わけわからない難癖である。日本のメディアの「JBプレス」は13日、「反日運動に基盤をおいた韓国は、オリンピックを政治的に利用して神聖なオリンピック精神を汚した」と主張した。韓国選手団は、今回のオリンピックでスポーツ精神、オリンピック精神を発揮し、世界の人々に大きな感動をもたらした。しかし、日本の考えはそうではないようだ。

「JBプレス」は「史上初の大規模パンデミック下で行われたオリンピックだったが、日本は世界の人々を温かいおもてなしで迎えた。日本を訪問した多くの国の選手団は、日本に感謝を表した」とし「東京オリンピック開催の成功は、人類がパンデミックを克服できる大きな力を作ったという点で意味が大きい。また、福島の復興を興しという点も重要である」と自賛を並べた。続いて、「一方、韓国は東京オリンピックを政治に利用して、オリンピックの精神を汚した」と主張した。

また「韓国は開始から問題を起こした」とし「韓国は自分たちの宿所に『臣にはまだ5千万国民の応援と支持が残っております』という横断幕をかけた」とし「韓国は、自ら壬辰倭乱(※秀吉の朝鮮出兵)に関するデリケートなことを取り出しておいて、純粋な意図だったと主張して、逆に旭日旗に関しては大いに怒った」と説明した。日本の極右団体が韓国選手村の前で旭日機持ってデモして選手団の休みを妨害するなど非常識な行動をした内容には、言及しなかった。

イ・スンシン フレーズをかけた意味、旭日旗の意味、これまで日本が見せた恥知らずな態度などを考慮すると、それこそ賊反荷杖(盗っ人猛々しい)だ。このメディアは、続いて「韓国は軍艦島と関連しても継続的に抗議、不合理な主張に一貫している」とし、韓国がまるで日本を苦しめてオリンピックの意味を毀損したかのように描写した>>

 

韓国は、「韓国の主張は反日ではない」と本気で信じています。もっとも正当で客観的な主張だから、反日のはずがないというのです。この件もまた、同じ理屈で「韓国は日本を苦しめていないし、オリンピック精神を毀損していない」と思っているのでしょうか。

次の更新は、夕方過ぎになると思います(適当で申し訳ございません)。

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5