ルーマニア、韓国にワクチン支援・・ネットでは「ルーマニアのような国から施しを受けるとは」との意見も

ルーマニアが、韓国に45万回分のモデルナワクチンを支援することになりました。これだけなら別に問題ではありませんが、問題は反応です。ネットでは、「ルーマニアのような国からも施しを受けることになるとは」「(ルーマニアがワクチンを提供する予定の)ベトナム、エジプトと同格になった」などの意見が目立っています。

前置き致しますが、これらの意見は政府レベルではなく、あくまでネットの世論。そして、決して「こんな意見しかない」というほどではありません。ソース記事でも、ちゃんと「ありがとうございます」と言うコメントもあり、200個以上の「いいね」が付いていました。本エントリーで紹介するコメント訳だけみると「99%は見下す意見ばかりじゃね-か!」な感じですが、この記事が特にヒドイ(なんでしょうか?)というのもあります。

 

しかし、「ルーマニアから支援を受けるなんて」な類の意見がかなり多いのは事実。また、「その意見のどこが問題なのか」それ自体が、一切 指摘されていません。ちょうど午前に書いた内容と繋がっているような気がして、久しぶりにコメント欄を訳してみました。まずは、ソウル新聞、記事本文から引用します。<<>>が引用部分になります。

 

<<ルーマニア政府が、コロナ19モデルナワクチン45万回分を韓国に寄付することにしたと、ルーマニアの国営通信アジェルプレスなどが21日報じた。報道によると、ルーマニアの政府は人道的次元で今回の支援を承認した(※引用部分にはありませんが、三月、韓国がルーマニアに検査キットなどを支援したことがあります)。ルーマニアの保健省は、私たちの政府の状況に応じてワクチン輸送日程が決まる打倒と述べた。

韓国汎政府対策ワクチン導入TF(タスクフォース)は、この報道について、「韓国政府は、米国のヤンセンワクチン供与、イスラエルとのワクチン交換など主要国とワクチンの協力を推進してきた事があり、ルーマニアも協力議論対象国の一つとして協議していた」と述べた・・(中略)・・ルーマニアの寄付するワクチンは、夏のワクチン接種率が低下するに応じて、流通期限が近いものだとも伝えた>>

 

以下、コメントの訳です。18時30分時点でもっとも上(記事本文と同じページ)にあったもの、1画面分となります。「国格がチュニジア、エジプト、アルバニア、ベトナム、モルドバ、グルジア級になった素晴らしいことだ(涙)」、「先進国と言いつつ、ルーマニアのような国から期限間近に迫ったモデルナをもらってくるなんてwww外交力がこの有り様なのに先進国って笑わせるな」、「先進国だとかk防疫だとか言いつつ、ワクチン寄付を受ける国格に合わない政府を持っているなんて・・私の国、大韓民国がどうしてこうなってしまったのだ」、「ムン・ジェイン4年間、国民自尊心は悲惨なほど低下した。物乞いだなこれは。まだグクポン(過ぎた愛国主義)に酔って精神勝利して生きている。情けない」、

「ルーマニア、ありがとうございます寄付してくれて!」、「マジで知りたいんだけどワクチン購入予算は全部どこへ消えた?」、「チュニジア、エジプト、アルバニア、ベトナム、モルドバ共和国、グルジアと肩を並べるワクチン乞食国家にしてくださった文災害」、「ムン・ジェインが、韓国を北朝鮮級まで格下げさせている」、「国の格好が真に情けない。K防疫先進国とはしゃいでいたのが昨日のようだ。期限間近でもありがとうございますと土下座してもらうような生き方をするなんて。文政府支持者たちは嬉しいだろう?」、「K防疫の予算500兆はどこへ消えた。ゴ・ミンジョン(防疫担当者の一人)が隠しておいた4千万人分のワクチンはどこにある。ルーマニアが使わずに放置しておいたものまで拾い食いするのか?私たち国力が、フィリピンにも負けるというのか?」

 

これはソース記事だけではなく多くの記事が同じことをしていますが、なんでわざわざ「期限が迫ったワクチンを提供」を強調するのでしょうか。ソース記事はまだマシなほうで、聯合ニュースなどは特に強調しており、題が「流通期限が迫ったワクチン45万回分を韓国に提供」となっている記事もあります。期限内にちゃんと利用できるなら、そこまで題で強調しなくてもいいのでは。

「なんでルーマニアなんかに」と怒っている人たちの中には、オリンピックの開会式のとき、MBCがルーマニアを「ドラキュラの国」と紹介した時、「国の格を落とした」と猛烈に非難していた人たちもいるかもしれません。K(困)ったものです。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が2021年9月2日から発売です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。言語の、街の、日本の、日本人の行間。そして、日本で見つけた「会話の中の『ありがとう』」。「ありがとう」たる行間の中に、また一つ隠れていた素晴らしい行間。それらについてに考察した本になります。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。・新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5