ファイブアイズ、韓国政府は優れない顔色・・韓国にアイはあるのか

米国下院軍事委員会が、日本、インド、ドイツ、韓国を「ファイブアイズ」に加えるとする法案を通過させました。もちろんそれぞれの国が決めることですので、これをわざわざ下院で通過させたことは、『その4カ国なら、嫌とは言わないだろう』という前提があったのかもしれません。韓国各紙は、「韓国の国格が上がった」という趣旨の記事を乱発しましたが、いざ韓国政府の反応はパッとしません。言うまでもなく中国との関係を意識してのことですが、その点を指摘する記事は、驚くほど少ないのが現状です。書くとしても、『韓国凄い』記事の中で短く適当に触れるだけです。そんな中、韓国日報が「政府の顔色が優れないぞー」な記事を載せました。引用してみます。<<>>が引用部分となります。

 

<<韓国が、先進国情報同盟に加入招待状を受けとった。米国下院軍事委員会が2日(現地時間)、軍事情報の共有協力」ファイブアイズ(FIve Eyes)」の拡大の必要性を盛り込んだ「国防授権法案(NDAA)」を通過させたのである。米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドに、韓国、日本、インド、ドイツも引き込む内容が要旨だ。上院というハードルもあるが、バイデン大統領まで署名すると、「ファイブアイズに韓国も参加してほしい」という米国の公式要求につながることも可能である。世界最高の軍事情報を共有することができる機会であるだけに喜ぶべきだが、政府の表情はあまり明るくない。なぜだろうか・・

 

・・韓国の軍事情報交流チャンネルは、韓米同盟が事実上唯一だ。同盟であっても、アメリカがあらゆる軍事情報を韓国に引き渡すわけではない。韓日情報保護協定(GSOMIA)を結んでいる日本とも軍事情報を交換するが、北朝鮮の核の動向など、北朝鮮の情報に限定される。井の中の蛙だった韓国としては最高級の情報が公開されるパーティーにきてくれという「華麗な招待状」を受け取ったわけである・・・・パク・ウォンゴン梨花女子大学北韓学科教授は3日、「米国が、韓国、日本、インドなどをファイブアイズ追加メンバーに指名したのは、中国牽制の意図を隠さないという意味だ」とし「韓国の参加は、中国の激しい反発を買うという点で、諸刃の剣」と指摘した。

現在、中国包囲網の構築を目指し稼動している多国間協力は、米国、日本、インド、オーストラリアで構成されたクワッド(QUAD)がある。 4カ国間の軍事及び先端技術・防疫協力を強化するという趣旨だが、共有対象から軍事情報は除外される。そのため、既存の情報同盟であるファイブアイズに「クワッド+韓国」を編入させて巨大な反中軍事情報同盟を完成させるのが米国の本音だ。

ただでさえ、バイデン政権発足後、米国との対立の水位は高くなった、中国の反発は火を見るよりも明らかだ。一部では「第2のTHAAD報復事態」を予想している。シン・ボムチョル経済社会研究院 外交安保センター長は、「仮に南シナ海で中国の軍事活動を牽制するための多国家訓練があるなら、韓国も参加してほしいという米国の圧力が大きくなるだろう」とし「ファイブアイズに登録するかどうかは、中国の反応など、外交的に不利な点を徹底的に計算し、慎重に判断しなければならない」と強調した。

政府関係者は、「我々はまだ米中の中からどちらかを選択せずあいまいな立場を維持している」とし「米国が、確実に味方になっていない韓国に、自国の安全保障に直結される軍事情報を共有するかが疑問だ」と述べた。ジェームズ・キム アサン政策研究院米国研究センター長も、「韓国と日本では、米国から得られた情報がマスコミなどを通じて流出されることが多いので、バイデン政権がファイブアイズ拡大はかえって逆効果だと結論づけることもできる」と展望した>>

 

もっとも重要なのは、「結局はそれぞれの国が決めること」です。日本の場合は結構前からファイブアイズの話がありましたし、クアッドという形で「自由で開かれたインド太平洋」戦略に積極的に関わっているので、本当に「またラブレターが来たか」ぐらいでいいかもしれません。実際、さほど大きく報道されてもいないし。他の国にとっても、肯定的な選択肢の一つにはなるでしょう。ソース記事も指摘していますが、異質なのが、韓国です。

そもそも、本件で個人的に気になる点がが二つあります。一つは、韓国のクアッド加入に関する話がぜんぜん出てこなくなったこと。もう一つは、米国会としても、それぞれの国が実際に加入するかどうかはともかく、いままでより積極的に議論するとか、そんな『反応』は期待しているでしょう。もしここまでやったのに韓国政府が何も反応しないと、米国国会の立場はどうなるのでしょうか。

韓国は、アイ(愛)を求めていますが、アイ(目)は閉じたままです。「ファイブアイズ、韓国にアイはあるのか」と書くと、いろいろな角度から文章が成立する気がして面白いですね。あと、最初に「先進国」情報同盟と書き、最後に「日本もー」で終わるところが、実に韓国らしいと思いました。

 

 

次の更新は、いつもどおり夕方過ぎになります。

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が2021年9月2日から発売です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。言語の、街の、日本の、日本人の行間。そして、日本で見つけた「会話の中の『ありがとう』」。「ありがとう」たる行間の中に、また一つ隠れていた素晴らしい行間。それらについてに考察した本になります。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。・新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5