次期大統領最有力候補・李在明(イ・ジェミョン)知事に大きな不正の疑惑・・数百億円規模の不正配当か

さすがにこれを「日帝のせい」とする人はいないでしょうけど(多分)、韓国で大きな騒ぎになっている事案を一つお伝えします。

そう、なんということでしょう。本ブログのコメント欄で圧倒的な人気(いろんな意味で)を誇る李在明知事ですが、城南(ソンナム)市の市長だったころ、市が主導した開発事業で、一部の人たちに不正配当した疑惑が提起されました。左派寄りのマスコミまで、「これは本当に怪しい」と騒いでいます。

李知事が公職選挙法違反で裁判を受けていたとき、最高裁判決で無罪判決に影響を及ぼした(無罪宣告、キャスティングボート)判事も、当時の李知事の弁護士も、この会社の顧問として就職しました。一部の人たちに『特恵』を与えるためにものではないのか、という疑惑が提起されています。もちろん、李知事側は否定しています。

李知事は庶民の味方を演じていた(左派政治家はほとんどがそうですが)だけに、これが事実となると相当なイメージダウンが予想されます。まだ結果は出ていませんが、なぜでしょうか。「あ、これは本当だな」と私の曇ったゴーストが囁いています。以下、まとめてみます。

 

李知事が城南(ソンナム)市長だった頃、大庄洞(デジャンドン)という地域の再開発事業のために、「城南の庭」という名前のSPC、すなわち特殊目的事業体(法人)が作られました。城南市の都市開発公社が持分の50%を持ち、他は民間企業が参加するようになっていました。ここまでは別におかしくありません。

問題は、そのSPCに参加した「火天大有(持分1%)」と、その会社の所有者Aさんと、Aさんが集めた個人たち(5人とも6人とも)が持っている持分6%(「SK証券信託者」という名義)。火天大有は、持分1%なのに、「城南の庭」から開発関連利益金(配当)として55億円以上を受け取りました。個人(SK証券信託者)の分は、なんと350億円以上。同じ期間、持分50%の城南都市開発公社が受け取った配当は、180億円ぐらいです。Aさんの出資金は500万円。火天大有は、参加企業の公募1週間前に設立された会社です。

どう見ても怪しいでしょう。なんでこんなに受け取ることができたのか、これは明らかに『ウリ』を集めて特恵を与えたのではないか、そもそも、本当の所有者が別にいるのではないか(李知事ではないか?)というのが、本件の核心です。その会社には、李知事が公職選挙法違反で裁判を受けていた時、最高裁でキャスティングボートをしていた判事も、担当弁護士も就職している、または就職していたことが明らかになりました。

李知事側は『最初にリスクのある分野で投資をしてくれたので、相応の配当をしただけだ』と主張しましたが、なんと同じく左派寄りのJTBCの取材によると、当時の資料には「リスク無し」とちゃんと書いてある、とか。当時、火天大有とそれにまつわる人たちが投資した金額は、数千万円ぐらいだったと言われています。

JTBCの記事ソウル経済ニュース1の記事ハンギョレ新聞の記事など、いくつかの記事を参考にしました。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が2021年9月2日から発売です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。言語の、街の、日本の、日本人の行間。そして、日本で見つけた「会話の中の『ありがとう』」。「ありがとう」たる行間の中に、また一つ隠れていた素晴らしい行間。それらについてに考察した本になります。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。・新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5