毎年2回、恒例の「賃金未払い」騒ぎ・・13年連続で賃金未払い1兆ウォン超え、日本の約10倍規模

年2回、ソル(旧暦1月1日)と秋夕(チュソク、旧暦8月15日)には、かならず賃金未払いがニュースになります。この期間だけですけど。

韓国の賃金未払いは、公式に集計されているものだけで、12年連続で1兆ウォンを超えました。今年も「間違いなく1兆ウォンを超えるだろう」と言われており、13年連続になる可能性が高いでしょう。2019年の記事ですが、ニューシースによると、これは日本の約10倍です。「2016年、賃金未払い労働者数32.5万人、1兆4286億ウォンだった。同年の日本の賃金未払いの労働者は3万5120人、未払い額の規模では127億2138万円水準だった。100円を1110ウォン(2019年9月10日の終値基準)の為替レートで換算すると、1420億ウォン水準だ」、とのこと。

今年は、金額は減ったものの、一つ前のエントリーからすると、そう肯定的には思えない気もします。韓国の賃金未払い事情、お伝えします。以下、まずは韓国日報から今年(7月まで)の状況を引用してみます。<<>>が引用部分となります。

 

<<・・19日、雇用労働部によると、1〜7月までの賃金未払い労働者は14万9150人で、未払い額は8273億1300万ウォンとなった。1人当たりの平均未払い額は約554万ウォン。賃金未払い金額は、最近数年間1兆ウォンを越えているのが実情である(※今年まで入れると13年連続です)。 2018年1兆6,462億ウォン、2019年1兆7,217億ウォンで最高値を記録し、昨年から減少したものの、1兆5,830億ウォンを維持した。今年も年末までに1兆ウォンを渡す可能性が大きいと見られる。

今年に入って賃金未払い被害が最も大きい年齢は40代だった。 40代は年平均700万ウォンの賃金を受け取っていないことが分かった。続いて、30代が年平均620万ウォン、50代590万ウォン、60代520万ウォンの順だった。MZ世代(1980年代初め〜2000年代初め生まれ)も賃金未払いに涙を流した。賃金未払い被害で最も高い増減率を示した年齢は17歳以下で、2016年に43万ウォンから今年は68万ウォンで約60%増加した。 20代のような期間230万ウォンから320万ウォンで約42%増加した・・>>

 

もう少し前の記事、2016年9月5日のものですが、京郷新聞は(具体的な基準は載せていませんが)『韓国の賃金未払いは世界最悪水準』と題にしながら、こんな指摘をしています。あ、「13年連続」のソースもこの記事です(2009年から1兆超え)。

<<・・経済規模が日本の3分の1なのに賃金未払い額が10倍に近いということは、実質的に韓国の未払い額が日本の30倍に迫るという意味にもなる・・(※いくつかの要因を分析した後に)・・しかし、どんな要因があるにせよ、日本の10倍近い韓国の賃金未払い規模を説明するのは難しい。専門家は、労働者の賃金未払いを『大した問題ではない』と考える韓国労働市場文化に根本的な原因があると指摘する。勤労監督官は、聯合ニュースに「相当な数の事業主が、景気が悪くなると、従業員に給料をやらなくてもいいという誤った認識を持っている」、「また、会社の事情が悪くないにもかかわらず、意図的に賃金を未払いする事業主もいる」と述べた・・>>

 

最後になりますが、賃金未払いというと、やはり去年春のことが衝撃的でした。当時、大邱で新型コロナが大騒ぎになっていました。そのために大勢の医療人力が大邱まで行きましたが・・なんと、彼らも賃金をちゃんと受け取ることができませんでした。「コロナ19ウイルス事態で苦しんでいる大邱市に医療支援に行った医療陣が、『賃金をきちんともらっていない。問い合わせたら、お金が欲しくてここに来たのか!と言われたりした』と打ち明けた」、とのことでして(マネートゥデー)。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が2021年9月2日から発売です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。言語の、街の、日本の、日本人の行間。そして、日本で見つけた「会話の中の『ありがとう』」。「ありがとう」たる行間の中に、また一つ隠れていた素晴らしい行間。それらについてに考察した本になります。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。・新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5