韓国裁判所、差し押さえた三菱重工の商標権・特許権に売却命令を決定・・売却命令は初で、いつでも売却できる状態に

韓国の裁判所が、差し押さえた三菱重工の資産(商標権・特許権)に対して初めて「売却命令」を出しました。まだ売却が行われるわけではありませんが、京郷新聞によると「被害者(原告)が要請すると、すぐ売却できる状態になった」とのことです。記事に書かれただけだと、現金化問題において大きな動きとなります。以下、京郷新聞の記事から引用します

 

<<裁判所が、強制徴用(※旧朝鮮半島出身労働者問題)被害者が差し押さえた日本三菱重工の商標と特許の売却命令を決定した。韓国の裁判所が日本戦犯企業の資産に売却命令を下したのは初めてだ。被害者側が実際に資産売却に乗り出す場合、韓日関係にも影響を与えると予想される。大田地裁のキム・ヨンチャン判事は27日、商標権特別現金化命令事件で日帝強占期強制徴用被害者であるヤン・クムドク氏(92)とキム・ソンジュ氏(92)側と三菱重工側に三菱重工の韓国内商標権と特許権を売却するようにと命令した。ヤン氏とキム氏の弁護人側は「裁判所が三菱重工資産の売却を許可したのだ」とし「債権者(被害者側)が要求すると、すぐに売却手続きを踏むことができようになった」と述べた。

 

売却対象は、ヤン氏が差し押さえた商標権2件、キム氏が差し押さえた特許権2件である。裁判所は、ヤン氏側と関連、三菱重工が2015年4月15日に韓国内に登録した商標2件を売却するように命令した。キム氏側と関連しては、2012年6月25日、2015年2月16日、特許決定された特許2件を売却するように命令した。裁判所は、ヤン氏とキム氏に対し、これらの商標や特許を売却して1人当たり2億973万1276ウォンを確保するようにした。このうち1億2000万ウォンは、ヤン氏とキム氏が当初請求した金額であり、残りは利子と遅延損害金などである。

ヤン氏とキム氏側は、近いうちに商標売却に入ると思われる。ヤン氏とキム氏の弁護人側は「商標権と特許の鑑定評価に基づいて価格を算定した後、オークションを付けるなど、様々な方法がある」と述べた。

これらの三菱重工資産売却が本格化した場合、韓日関係はより凍りつくことができる。裁判所が最近三菱重工取引代金の差し押さえ・回収命令の決定を下すと、日本政府は、自国企業の資産が現金化されると、韓日関係が深刻になるという立場を重ねて明らかにしている。水原地裁安のサポートは、先月12日、三菱重工が国内企業LSエムトゥロンについて保有している8億5310万ウォン相当の物品代金債権について差押と回収命令の決定を下したことがある。

加藤勝信 日本官房長官は先月、「旧朝鮮半島出身労働者問の韓国最高裁判決に関する司法手続きは、明白な国際法違反」と述べた。彼は続いて「もし(三菱など日本企業の資産の)現金化が行われれば、日韓関係に非常に深刻な状況になる。これは避けなければならない」と付け加えた・・>>

 

記事通りの展開になれば、いよいよ日本企業に『実害』が発生することになります。タイミング的に、日本の総裁選または選挙あたりを『狙った』のでしょうか。日本側の対応、これから注目したいところであります。

 

 

28日(火曜日)は、夕方あたりまで更新できません。ひょっとするともう少し遅くなるかもしれません。申し訳ございませんが、夜にでも続報を更新できればと思います

拙著「日本語の行間」の一部が、「プレジデントオンライン」で記事になりました。今日は「塩」に関する内容です(近いうちにもう一回載るかもです)。よろしければ、ぜひお読みください!ありがとうございます

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が2021年9月2日から発売です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。言語の、街の、日本の、日本人の行間。そして、日本で見つけた「会話の中の『ありがとう』」。「ありがとう」たる行間の中に、また一つ隠れていた素晴らしい行間。それらについてに考察した本になります。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。・新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5