自民党総裁選、岸田文雄氏が当選

投票(1次投票)の結果は、河野太郎さん255票、岸田文雄さん256票、高市早苗さん188票、野田聖子さん63票でした。決選投票まで行くとは思っていましたが、岸田さんが1位なのはちょっとだけ意外でした。

高市さんの場合も、ついこの前まで「総裁選出馬のための推薦人(20人)を集めるのが大変」と言われていたことを考えると、まさに躍進としか言いようがない結果でした。国会議員票では2位でしたし(岸田さんが1位)。

そして、河野太郎さんと岸田文雄さんの決選投票の結果は、河野太郎さん170票、岸田文雄さん257票。前日あたりから記事になっていた『岸田・高市陣営が連帯した』という話は本当だったようです。

韓国では、ほとんどのメディアが「誰が総裁になっても日韓関係に大した変化は無い」という論調だったでしたが、「でも河野太郎のほうがまだマシ」とする一部のメディアもあるにはありました。保坂祐二氏が、「それでも河野太郎のほうがいい」と話したせいではないか、とも思われます。今の時点では、大手からネットメディアまで、各メディアが結果だけを速報として流しています。

ちなみに、本ブログでは9月17日「誰が総裁になると思いますか?」とアンケートしたことがありますが、1位が高市さん、2位が岸田さんでした。

 

本エントリーは本文が短いのでスポンサー広告が表示されないようにしてありますが、実際の反映まで時間がかかるかもしれません

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が2021年9月2日から発売です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。言語の、街の、日本の、日本人の行間。そして、日本で見つけた「会話の中の『ありがとう』」。「ありがとう」たる行間の中に、また一つ隠れていた素晴らしい行間。それらについてに考察した本になります。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。・新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5