岸田総理、日米首脳通話や初の記者会見で『韓国』に言及無し

文在寅大統領から手を差し伸べられた(?)岸田総理が、日米首脳通話や初の記者会見で韓国について言及しませんでした。また、岸田総理はG20にオンラインで参加すると発表、首脳会談を狙っていた韓国としてはショボーンとなりました。どうせ出来なかったでしょうけど。一部の韓国側メディアが、何とも言えない哀愁の漂う雰囲気で報じています。以下、<<>>が引用部分になります。

 

<<岸田文雄、日本新首相は5日午前バイデン米大統領との初の電話会談で、日米同盟強化を再確認し、覇権主義的な動きを強化する中国を念頭に置いて「自由で開かれたインド太平洋」を実現するために協力することにした。両国首脳は、北朝鮮と中国への対応についても緊密に協力することで確認したが、韓国についてのこれといった言及は無かった。5日の日本経済新聞によると、岸田首相は20分間行われた電話会談で「沖縄県尖閣諸島が日米安保条約5条に該当するという内容など、バイデン大統領の対日防衛協力のための強力な約束があった」と述べた・・

・・また、両首脳は、北朝鮮の日本人拉致問題の解決のためにも協力することにした。岸田首相はこの日、スコット・モリソン オーストラリア首相とも電話会談を行う予定であると発表されたが、文在寅大統領との電話会談の計画は知られていない・・(文化日報>>

 

<<・・総理に選出された岸田文雄が就任記者会見で、拉致被害者問題の解決を最優先課題に掲げた。米国との同盟を中心に、中国を牽制するという意志も明らかにした。韓国への言及は無かった・・・・この日の午後9時から1時間の間進行された記者会見で、岸田首相の冒頭発言と質疑応答で、韓国に関する言及はなかった。主要20カ国(G20)首脳会議にも岸田首相が参加しなくなったことで、韓日の対面首脳会談も不発になった。

岸田首相は今月30〜31日、イタリア・ローマで開催されるG20首脳会議が衆議院総選挙と日程が重なって、オンラインで参加すると発表した。G20首脳会議を契機に韓日首脳会談が実現できるかどうかが、今後の両国関係を展望する一つの測りとされ期待を集めていたが、岸田首相の不参加で霧散となった・・(イーデイリー>>

 

ちなみに、岸田総理は「中国が、CPTPPが要求する高い基準を満たすことができるか不透明だ」とし、事実上、中国のCPTPP参加に反対の意思を表わした、とのことです。さて、いつものパターンなら、韓国側から「手を差し伸べたのに後頭部を殴られた」という記事が出てくる番ですが、どうなるのでしょうか。ひょっとして、もうどこかにあるかもしれませんが。記事を読んでいて、なぜか、いくつかの歌の歌詞が頭をよぎりました。『Say you, say me. say it for always(ライオネル・リッチ、セイ・ユー・セイ・ミー)』とか、『繋いでよ 手を!手を!(初音ミク、テオ)』とか。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が2021年9月2日から発売です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。言語の、街の、日本の、日本人の行間。そして、日本で見つけた「会話の中の『ありがとう』」。「ありがとう」たる行間の中に、また一つ隠れていた素晴らしい行間。それらについてに考察した本になります。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。・新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5