韓国側のほぼ全てのメディア、『電話会談した!』と速報の嵐・・しかし、発表された内容は「韓国が適切な対応を」と「首脳会談の予定は無い」

上の画像は、19時40分頃のネイバー(Naver)ニュースを「岸田」で検索した結果です。『速報』という表記と、『~分前』という表記に注目してください。

マネートゥデイ32分前【速報】「文大統領 - 岸田日本首相、最初の通話」/ブリッジ経済34分前
【速報】「文大統領・岸田日本首相、最初の通話・・共同通信」/ヘラルド経済35分前【速報】「文大統領・岸田日本首相、最初の通話」 /朝鮮BIZ(朝鮮日報)36分前【速報】日メディア、文大統領と岸田首相最初の通話報道」/毎日経済36分前【速報】日メディア「文大統領・岸田日本首相、最初の通話」/釜山日報36分前【速報】「文大統領・岸田日本首相、最初の通話・・共同通信報道」/ソウル経済37分前【速報】「文大統領・岸田日本首相、初の通話』/ 韓国経済37分前【速報】文大統領、岸田首相と最初の通話」/聯合ニュース37分前[2報]「文大統領・岸田日本首相、初の通話、共同通信」SBS38分前「共同通信、『文大統領・岸田日本首相、初の通話』」・・

聯合ニュース、聯合ニュースTV、ファイナンスニュース、ニュース1、ニューシース、アジアトォデイ、亜州経済、新亜日報、マネートゥデー、中央日報、MBNなどからも「速報」がヒット、その時間は本ブログに書かれている全ての記事が「50分前」までです。すなわち、50分前から32分前の間に、これだけのメディアで速報が出たわけです。聯合ニュースは速報、1報、2報、総合と何度も記事が上がってきました。

 

18時が過ぎてもニュースが無かったので「今日もノーベル(電話無し)か」と思いましたが、19時過ぎから『何の内容も無く、日本側のメディアが電話会談したと報じた(韓国側からの発表はまだありません)』というニュースが速報速報速報速報・・・・岸田さんの人気に嫉妬せざるを得ません(笑)。率直に、ここまでするか、と驚きました。日本側の反応とはあまりにも対照的です。

 

で、その内容がどんなものだったかというと、『韓国側の適切な対応を(以下略)』と、『首脳会談の予定は無い』でした。こちらは5分前、速報乱舞が過ぎた後の記事、聯合ニュースです<<>>が引用部分となります。

<<岸田文雄首相は15日、ムン・ジェイン大統領との最初の通話で日本植民地時代徴用と日本軍慰安婦問題の訴訟に関し韓国側の適切な対応を要求したと語った。共同通信によると、岸田首相はこの日、文大統領と通話を終えた後、首相官邸で記者団に、このように会話の内容を説明した。岸田首相は、北朝鮮問題と関連した対応で、日韓、日米韓3国が一層協力することに文大統領と意見の一致を成し遂げた。ロイター通信によると、彼はいまのところ文大統領と首脳会談の計画はないと付け加えた>>

速報(つい)エントリー、これで終わりにします。

 

 

※おかげさまでまた新刊のご紹介ができました!ぜひ紹介エントリーも御覧ください

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が10月31日発売です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5