(※韓国政府の遺憾表明を追記しました)岸田総理が靖国神社に真榊奉納、菅前総理は参拝・・韓国紙「文大統領と通話して2日しか経ってない。これは意図的なものだ」

久しぶりに(でもないかな?)、韓国側に靖国神社関連で多くのニュースがアップされています。岸田総理が真榊を奉納し、菅前総理は『前総理として』参拝したからです。まずは日本側の記事から引用してみます。各記事、<<~>>が引用部分となります。

 

<<岸田文雄首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 岸田文雄」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。関係者によると、首相は18日までの例大祭中、参拝はしない。菅義偉前首相も例大祭に合わせて真榊を奉納しており、こうした対応を参考にしたとみられる。後藤茂之厚生労働相、若宮健嗣万博相も真榊を奉納した・・(産経新聞>>

<<菅義偉前首相は17日、東京・九段北の靖国神社を参拝した後、記者団に対し「国のために尊い命をささげた英霊に対し尊崇の念を表し、同時に御霊のご冥福をお祈り申し上げた」と説明した。「前衆議院議員、前首相の立場で参拝した」とも語った。今回参拝した理由については「私自身で判断した」と述べた(産経新聞、岸田総理とは別記事です)>>

 

・・・で、韓国の一部のメディアは、『文大統領との電話会談の2日後なのに』という妙な反応を示しています。意図的に、首脳間通話と参拝のタイミングを合わせたのではないか、とするニュアンスです。一例として韓国経済紙は、『意図的な韓国叩きだ』という記事を載せました。以下、韓国経済の記事となります

<<岸田文雄日本の首相が靖国神社に供物を奉納した。ムン・ジェイン大統領と初の通話をしてから、わずか2日ぶりのことである。菅義偉元首相はこの日、「前首相」の資格を強調し、直接参拝した。岸田首相が就任後、韓国を、意図的に無視する歩みを見せており、今後の韓日関係にかなりの難航が予想される・・

・・岸田首相が靖国神社に供物を奉納したのは、文大統領との通話からわずか2日ぶりだ。岸田首相は15日、就任後初めて通話した文大統領に「日本の一貫した立場に基づいて韓国側に適切な対応を強く要求した」と述べている。韓国裁判所の徴用・慰安婦判決の問題と関連して、一歩も退かないという点を強調したものである。通話直後、取材陣に「国際的約束、国と国の約束や条約、国際法をきちんと守らなければならない」と強調した。

この日の岸田首相の歩みが、前任者である菅・安倍首相と同様に、韓国への、意図的な「叩き」に出たものだという分析も出ている。自分の政治的基盤である保守層が韓国に否定的であるという点を利用したのだ。この日、一部の地元メディアは、岸田首相が靖国神社に直接参拝しないことについて「韓国と中国との外交関係の影響を避けようとする意図」と分析したが、退任してから13日しか経ってない菅前首相はこの日、直接参拝した後、「前内閣総理大臣として」と、公人資格参拝という点を強調した>>

解散とかいろいろあったので、そこまでタイミングを合わせる余裕もなかったのでは・・としか思えませんし、そもそも、「信教の自由」です。直接参拝しなかっただけでかなり配慮したと言えるでしょう。要するに、いつもの韓国情報です。

 

※追記・・韓国政府(外交部)が遺憾を表明しました。「韓国政府は、靖国神社に日本の責任ある指導級人士が再び供物を奉納したり、参拝を繰り返したことについて深く失望と遺憾を表する」、「日本の責任ある人たちが新内閣発足を契機に歴史を直視し、過去の歴史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で示すよう促すところである」などです(KBSより引用

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が10月31日発売です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5