マイクロンも日本にDRAM工場建設か・・韓国紙「韓国企業も、日本の半導体『生態系』に入らないといけない」

本件、まだマイクロン本社からの発表は無い(見つからない)、という点を前提と致します。

TSMCに続いて、マイクロン社も、日本の広島にDRAM工場を建設するというニュースがありました。ブルームバーグによると、「エルピーダメモリの広島工場敷地内には増設余地がなかったので、台湾やシンガポールを含めて新工場の立地を検討したが、台湾海峡リスクなどの観点から既存の広島工場の近隣に新設することを決めた」とのこと。半導体などでサプライチェーンの再構成が進むというのは知っていましたが、思ったよりスピード感が半端ありません。

ちょうど朝のエントリーで、月刊朝鮮の記者がTSMCの工場の件を『世界再編の動き』として受け止める文章がありましたが、韓国のメディアも(一部ですが)日本の最近の動きに驚き、『尋常ではない』『このままじゃ韓国企業は大変なことになる』と記事にしています。以下、各記事、<<>>が引用部分となります。

 

<<・・半導体産業の育成を宣言した日本の歩みが尋常ではない。 5000億円台の補助金を支給し、台湾TSMCの工場を誘致したのに続き、今回は米国マイクロンのDRAM工場誘致にも成功した。日本が国家レベルで米国・台湾のトップ半導体企業の製造工場の誘致に成果を出し、3カ国間の半導体同盟が大幅に強化されているという分析だ・・・・菅義偉前首相が半導体産業の育成の青写真を提示、岸田文雄現総理がそのための具体的な方法を出しているといえる。特に岸田首相が新設した経済安保相に任命された小林孝之は前日フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、「日本がなければ、国際社会が生存することができないように、(半導体など)優れた領域をどのように構築することができるか、」と述べた。

また、「(TSMC工場誘致は)最初のステップにすぎない」とし「補助金のほか、10年後に国をどのように位置付けできるかについて具体的な約束も迅速に出していく」と強調した。すなわち、巨額の補助金支給のほか、企業の安定した電力・用水支援などのインフラ面の積極的な支援策を追加発表すると見られる。先に岸田首相は、高度な技術の流出を防ぎ、安定的に戦略物資を確保するため、経済安保を内閣発足と一緒に新設した・・(ソウル経済>>

 

<<・・日本は、すべてのサプライチェーンを自国に置かなければならないという「株式会社日本」戦略を公式廃棄した状態だ。去る6月、日本政府は、国内の半導体サプライチェーンの構築のための戦略を打ち出し、企業の「国籍」より「地政学的位置」が重要だと強調した。経済産業省は通商白書で「海外企業と競争するよりも、これらの企業を自国に誘致し、世界的な勢力を構築すると同時に、技術開発で協力をもたらすべきである」と説明した。

日本政府の武器は、半導体材料や機器の分野で世界最高水準の自国企業である。日本に工場を建てる材料と機器を簡単に確保することができ、研究開発(R&D)にも重宝されるという点を強調し、グローバル企業を誘致している。昨年、日本企業の世界シリコンウエハのシェアは60%、レジストのシェアは70%に達している。

業界では、韓国企業がサプライチェーン管理に難しさを経験するだろうという懸念の声が出ている。日本の素材・機器メーカーが、自国内に工場を置くグローバル企業に優先的に物量を割り当てする可能性が高いという観測だ。業界関係者は、「韓国の半導体企業が正常に稼動できるには、日本産の装備と素材が絶対に必要だ」とし「日本の半導体の生態系に入らないと、不利益を受ける状況になる」と指摘した(韓国経済、題『このままじゃ韓国企業は大変な目に』)>>

言うことは一つだけです。日本および自由民主主義を信じる人々に、良い結果となりますように。

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が10月31日発売です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5