韓国有力大統領候補、今度は「土地による所得は、国が回収し、国民全員のものとする」

週4日勤務、飲食店総量制に続いて、今度は「土地による収益は、国が回収して国民全員のものにする」です。実はこれ、盧泰愚元大統領が亡くなったこととも関係しています。まだ盧泰愚氏のことが報道される少し前、李在明(イ・ジェミョン)氏は、25日、こう話しています。

<<・・共に民主党大統領候補 李在明京畿道知事は25日、「共同体のものである土地は、憲法の土地公概念精神によって投機や不所得の手段ではないと考えさせることが重要だ」とし「必ずしも必要でないのに不動産を保有している人の場合、保有するだけで負担、損失になるようにしなければならない」と強調した・・イ候補は「土地というものは、不労所得が発生するものであり、これを制度的に完璧に(※国家が)回収して、私たち国民全員のものにすることが、最も根本的な問題解決の出発点である」と強調した・・(イーデイリー>>

 

で、その次の日、盧泰愚元大統領の死亡が報じられました。すると、主に左派系の人たちを中心に、「盧泰愚氏って土地公概念を主張していたよね」と、土地公概念を強調するとうになりました。一般的に保守右派とされる盧泰愚氏ですが、彼も任期中に不動産価格をとても気にしていて、土地は『公』の概念として扱うべきだとする土地公概念の概念を、憲法に刻みました。

いくつかの条項がありますが、やはり趣旨的にも韓国社会的にも問題になるのは、『超過利益回収』に関する内容です。不動産などで基準値以上の収益が出せた場合、超過した分の半分を国家が回収するというものです。要は、左派の人たちからすると、李在明氏の主張を守るために、「保守右派の盧泰愚氏も同じこと言っていたから、文句言うな」としているわけです

 

妙なのは、「盧泰愚がどうとか、憲法がどうとかって、本当に知らないで言っているのか、それともわざとそう言っているのか」です。なぜなら、盧泰愚氏の頃に作られた土地公概念関連法は、韓国の憲法裁判所から違憲判決を受けているからです。

2018年のハンギョレ新聞(日本語版)によると、<<・・1987年に改定された憲法に「土地公概念」が書かれてはいる。個人の財産権を公共福利増進のために制約することを可能にし、国土の効率的かつ均衡ある利用・開発と保全のために、法律の定めるところによって制限と義務を課することができると規定した。しかし、憲法裁判所の過去の決定は、韓国の土地問題の深刻な現実を無視することが少なくなかった。1989年の盧泰愚(ノ・テウ)政権時代、宅地所有の上限に関する法律などいわゆる「土地公概念3法」に対し、違憲または憲法不合致の判決を下したのが代表的な例だ。 2008年には総合不動産税法の世帯別合算課税条項にも違憲判決を下した・・>>、となっています。なのに、まさか、大統領候補ともあろう方が、それを知らないでいるのでしょうか。

同じくハンギョレ新聞によると、韓国は次の改憲でこの土地公概念を強化するために熱心です。「大統領府は大統領改憲案を説明し、『社会的不平などの深刻化する問題を解消するために、『土地の公共性と合理的使用に必要な場合に限り特別な制限や義務を付加することができるように、土地公概念の内容を明示した』と明らかにした。 必ず、そして至急、改正憲法に盛り込むべき内容だと考える」、と。

臨時政府はその綱領「第1章総則」の「その3」にて、「土地制度は国有とする」「乱れるばかりの私有化を廃止する」としています。ある意味、韓国が憲法で明示している「母体」である臨時政府の考えとそっくりであります。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が10月31日発売です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5