韓国の有力大統領候補、今度は「飲食店の数を国家が統制する」必要に言及

旧ブログの頃には結構集中的に取り上げた記憶がありますが、韓国の自営業には、「老後対策無しの早期退職」という裏があります。ある程度ならどこの国にも似たようなケースがあるでしょうけど、韓国の場合はちょっと違います。

まず、韓国は自営業が多い国です。一時より減ったとはいえ、今でも全体就業者対比自営業者比率は約25%になります(2020年基準で24.6%でOECD6位、日本は10%前後)。チキン・・・いえなんでもありません。

ちなみに、イギリスも自営業が多いことで有名な国ですが、それでも約15%です。いまは多少遅くなりましたが、韓国はもともと引退が早い国で、その老後は伝統的に『儒教思想にもとづき、子が親の面倒を見る』という通念に依存していました。そのおかげで、軍事政権は『老後』『福祉』などにお金を使わずに済みました。

それから韓国は、「国家が富を『蓄積』する時期(私は、これが先進国の基準の一つだと思っていますが)」を迎えることができず、経済が破綻、社会システムに大きな変化が生じ、子が親の老後に責任を取るという概念も崩壊します。金大中・盧武鉉大統領の頃に年金制度が本格的にスタートしたものの、それがまともに機能する前にベビーブーマー世代の引退が始まりました。彼らは、老後のため、退職金または借金で自営業をやるしかありませんでした。これが、2000年代になって韓国で一大ブームになった『創業ブーム』の正体です。

専門知識もノウハウも無い彼らがやる自営業とは、ほとんどが飲食店と宿泊業でした。宿泊業とは「モーテル」のことです。韓国に行かれたことがあるなら、皆さんもご存知でしょう。溢れる飲食店と、ラ◯ホテルもどきのモーテル群を。住宅街のすぐ近くにもあるんですよね、これが。最近は日本旅行ブームのおかげで(日本のビジネスホテルが好評すぎで)韓国でもビジネスホテルが増えてきましたが。世の中、経験も無しに自営業をやってうまくいくほど甘くはありません。しかし、それ以外に出来ることがあるわけでもなく。

 

そんな中、またもや李在明(イ・ジェミョン)候補が、飲食店の総量制、すなわち飲食店の総数を国が統制し、店を開く権利を売買できるようにするという案を話しました。『質』をどうにもできないから、『量』を絞ればいいではないか、という発想です。昨日も、「『質』をなんとかするのではなく『日数』を減らせば質が上がるのと同じではないか」な話をエントリーしましたが・・どうでしょう。私には、これらが社会主義特有の『下向平準化(基準を下げることで平等を主張する)』の一環に見えますが。ただ、昨日のエントリーとは違い、総量制は『公約』として話したわけではありません。以下、SBSから引用します。<<>>が引用部分となります。

 

<<共に民主党のイ・ジェミョン大統領候補が昨日(27日)、コロナ19で飲食業廃業が続出する状況と関連し、「飲食店許可総量制」の導入について言及し、また論議が起こりそうです。李候補は昨日午前、全国小商工人・自営業者たちとの懇談会で、「食堂を開いて、すぐ閉業し、まるでアリ地獄のようだ。飲食店許可総量制でどうかと考えている」と話しました。彼は「自律性に問題をきたすという話もあるが、総量制が悪いわけではない。開業し過ぎで廃業するのは自由ではない。良い規制は必要だ」とし「哲学的な議論が必要だが、必要だと思う・・>>

 

記事の「良い規制(原文ママ)」は、記事によっては「善良な規制(原文ママ)」となっていて、ああ、韓国的な表現だなと思いました。そう、自由民主主義は『私には良からぬ部分もある』を認めます。でも、社会主義は『私は善良だ』以外を認めません。本当は善良なのではなく、善良で『なければならない』だけですが。

 

コメントの前に、サブブログの注意事項をお読みください

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が10月31日発売です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5