また同じパターン・・韓国外交部「終戦宣言について米国・中国と真摯に議論した」・・米国・中国は公式発表で終戦宣言に言及無し

まず、コメント欄の注意事項をもう一度リンクします(アップデートした内容はありません)。これからも定期的に載せますので、まだの方だけ、お読みください。

ついこの前、韓国大統領府と教皇庁の発表内容がぜんぜん違う、とお伝えしたばかりですが・・また同じことがありました。G20でブリンケン国務長官と会談した韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)外交部長官。この件で韓国外交部は『終戦宣言について真摯に議論した』と発表しましたが、米国側が出した公式資料には、そんな内容はありませんでした。ちなみに、中国とも同じことを言っていましたが、中国側からの発表にも、終戦宣言の言及はありませんでした。以下、中央日報から引用します。<<>>が引用部分となります。

関連した内容として、過去エントリー「教皇庁公式発表内容」、「米国が韓国を避けているのでは」もぜひお読みください(※同じく、過去エントリーにアップデートした内容はありません)。

 

<<鄭義溶外交部長官が31日(現地時間)、主要20カ国(G20)首脳会議が開かれたイタリア ローマで、トニー・ブリンケン米国務長官に会った。外交部は「韓・米が終戦宣言と関連した真剣な協議をした」と明らかにしたが、米国国務省の報道資料には、関連内容が無く、温度差を明らかにした。外交部は、その日に開かれた30分間の会談にて、両長官は朝鮮半島に関わる国際状況の安定した管理の重要性に共感し、終戦宣言を含む朝鮮半島平和プロセスの早期 再稼働方案について真剣な協議を行った」と明らかにした。他にも韓米関係懸案とコロナ19対応など相互関心事について意見を交換したと説明した。

たが、会談直後に米国務省が発表した報道資料には、終戦宣言に関する言及はなかった。米国務省はこの日の会談開催事実を知らせて「堅実な韓米同盟を再確認し、コロナ19と気候危機など21世紀に世界が打ち負かした課題を扱うための包括的なパートナーシップを議論した」と明らかにした。続いて「韓半島の完全な非核化に向けた一致した公約(shared commitment)を強調した」と明らかにした。これをめぐって、終戦宣言をめぐる核心事案に対する韓米間の立場差が容易に解消できないでいるという分析が出ている。

鄭長官は、29日(現地時間)にもイタリアローマで王毅 中国外交部長と会談した。終戦宣言締約国である米国と中国のカウンターパートと相次いで会い、全方位説得戦に乗り出していたわけだ。たが、韓・中外交長官会談の翌日の10月30日、韓国外交部が「(韓・中外交長官は)終戦宣言問題を含め、朝鮮半島平和プロセスの早期再稼働のための協力案について率直で深い意見を交換した」と明らかにしたが、それとは違い、同日の中国外交部の資料には、終戦宣言に関する言及はなかった。中国外交部は「中国は朝鮮半島問題の政治的解決を進展させるすべての努力と提案を支持する」と明らかにした。これより先に鄭長官は27日(現地時間)にもロシア モスクワでセルゲイ・ラブロフ ロシア外交長官に​​会って終戦宣言に対する支持を求めた・・>>

 

迂回的な表現があったとはいえ、頼みの中国からもスルーされていたとは、さすがに韓国政府にとってはメンタル的にも衝撃だったことでしょう。でも、中国は、韓国が何を言っても終戦宣言には乗らないはずです。なにかの戦略的な側面から北朝鮮が終戦宣言を望むようになるなら、中国の態度も変わるかもしれませんが。

ロシアからも、これといって韓国側が肯定的に捉えそうな発表は無かったようです(未確認ですが、調べてみてもヒットしませんでした)。この場合、『言ってません』なのか、それとも『相手が話すからマニュアル的に応じたけど、議題として発表するような内容は無かった』のか、それとも、過去エントリーのソース記事の指摘のように、(言及そのものを)避ているのか。どうであれ、いまのところ、韓国の『大韓帝国』モードは変わりそうにありません。

 

 

東京の某大型書店、新書コーナーのよく見えるところにありました。本当にありがとうございます。感謝の言葉しかございません。昨日、1日中「あちました」と誤記していたのは誰にも言わないつもりです。

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が10月31日発売です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5