韓国メディア「日本が終戦宣言を妨害している」

韓国側の複数のメディアが、日本が朝鮮戦争終戦宣言に反対したと報じています。日米韓の会議で、そんな趣旨の発言をした、というのです。

記事の中には、「日本が妨害工作した」「日本が反対すればするほど、韓国での終戦宣言支持は高くなる」というのもあります。ちなみに、日本も米国と同じ、「まだ時期尚早」という立場であり、終戦宣言そのものに反対しているわけではありません。ここだけの話、『賛成』している国は、いまのところ韓国しかありません。北朝鮮すらも、いまはまだ脅威になる要因が多いので、時期尚早だとしています。以下、各記事、<<>>が引用部分となります。

 

<<「日本、韓米日会議で「終戦宣言は時期尚早・・また執拗な妨害工作」(※題)。朝鮮半島の平和プロセスの隠れた妨害者・・ボルトン回顧録でも確認 / 韓半島当事者でもない日本が干渉?国内保守層で逆風予想(※見出し)。日本が、韓米間で調律中の朝鮮半島終戦宣言に対して時期尚早論を掲げ、事実上、反対したことが明らかになった。2018年シンガポール米朝首脳会談と2019年ハノイ米朝首脳会談の時も、裏で妨害した日本が、今回もまた足を引っ張っているのだ。

また、執拗な妨害工作(※見出し)・・日本共同通信は6日、複数の外交消息筋を引用し、日本政府が最近米国で開かれた韓米日北朝鮮核首席代表会動で終戦宣言に対して「時期尚早」という態度を見せたと報道した。岸田内閣は、北朝鮮がミサイル試験発射を繰り返し、日本人拉致問題が解決気味を示さない状況で対北朝鮮の「融和」の雰囲気だけが拡散することを警戒していると、共同通信は伝えた。前任の安倍、菅内閣が朝鮮半島の平和プロセスに否定的だったことはよく知られているが、相対的に穏健派である岸田内閣も、朝鮮半島問題に関しては全く変わらないことが確認されたわけだ・・

・・終戦宣言までも日本がまた妨害するとは、「最も近い隣人」を標榜する両国関係において深刻な問題でしかない。ただし、日本が終戦宣言に反対するという事実は、韓国内の反感を育てるという点で、終戦宣言自体においては必ずしも否定的とは言えない。韓国内の一部の保守層は、在韓米軍撤収の可能性など安保上の理由で終戦宣言に否定的だが、朝鮮半島問題の当事者でもない日本が干渉する態度は、全く異なる次元の反発を呼ぶだろうからだ(CBSノーカットニュース>>

 

この書き方だと、まるで米国は賛成しているかのようですが、全然そうではありません。実は、米国は終戦宣言そのものを否定してはいませんが、『支持する』と言ったことは一度もありません。珍しくこの点を指摘する記事があったので、合わせて紹介します。国民日報です

<<・・米国は、終戦宣言が在韓米軍の地位と北朝鮮の軍事力増強などに影響を及ぼす可能性を考慮して慎重な立場を続けている姿だ。議論を続けてはいるが、終戦宣言を支持すると言ったことは無い。ジェイク・サリバン米ホワイトハウス国家安保補佐官は先月26日、ホワイトハウスブリーフィングで終戦宣言に関する米国の立場について、「核心戦略としては韓国と意見をともにしていて、外交的に効果的な進展が成し遂げることができると信じている」としながらも、「詳しい順序や時期条件について、多少違う視点を持っているかもしれない」と話した>>

 

ちなみに、10月末にローマで開かれたG20首脳会談で、韓国の外交部長官は中国、米国と会談しましたが、米国も中国も、終戦宣言に関する内容は発表しませんでした。この部分について、中央日報(10月31日)から引用して終わりにします。

<<鄭義溶(チョンウィヨン)外交部長官が31日(※10月)、G20首脳会議が開かれたイタリア ローマで、トニー・ブリンケン米国務長官に会った。外交部は「韓・米が終戦宣言と関連した真剣な協議をした」と明らかにしたが、米国国務省の報道資料には、関連内容が無く、温度差を明らかにした会談直後に米国務省が発表した報道資料には、終戦宣言に関する言及はなかった・・・・米国務省はこの日の会談開催事実を知らせ・・・・「韓半島の完全な非核化に向けた一致した公約(shared commitment)を強調した」と明らかにした。これをめぐって、終戦宣言をめぐる核心事案に対する韓米間の立場差が容易に解消できないでいるという分析が出ている・・

・・鄭義溶外交部長官は、29日にもイタリアローマで王毅 中国外交部長と会談した。終戦宣言締約国である米国と中国のカウンターパートと相次いで会い、全方位説得戦に乗り出していたわけだ。たが、韓・中外交長官会談の翌日の10月30日、韓国外交部は「(韓・中外交長官は)終戦宣言問題を含め、朝鮮半島平和プロセスの早期再稼働のための協力案について率直で深い意見を交換した」と明らかにしたが、それとは違い、同日の中国外交部の資料には、終戦宣言に関する言及はなかった。中国外交部は「中国は朝鮮半島問題の政治的解決を進展させるすべての努力と提案を支持する」と明らかにしただけだ・・>>

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5