李在明氏、米上院議員に「日韓併合は米国のせい」「なんで日本ではなく朝鮮半島が分断されたのか」

韓国の与党「共に民主党」の大統領候補、李在明氏が、韓国を訪問した米国上院議員に「日韓併合は米国のせい」「なんで日本ではなく朝鮮半島が分断されたのか」などと話しました。米国の国会議員は、何も返事しなかった、とのことです。以下、韓国日報から引用してみます。<<>>が引用部分となります。

 

<<李在明 共に民主党大統領候補が、12日、米国上院議員に会い、日本による韓日合併(※併合)及び南北分断問題をめぐって、「米国責任論」について言及した。韓米同盟の陰の部分を話したという趣旨だが、大統領候補が外交イベントで相手国議員に歴史的責任を問うのは、不要な誤解を招く可能性があるという指摘も出ている。

李候補はこの日、ソウルの党本部でジョン・オソフ米民主党上院議員と面談し、「日本に韓国が合併された理由は、米国がカツラ・タフト協約を通じて、それを承認したせい」と話した。カツラ・タフト密約は1905年、米国と日本がそれぞれフィリピン、朝鮮に対する支配権を相互承認した条約で、5年後、大韓帝国が国権を失う端緒となった。李候補は引き続き、1945年太平洋戦争で日本が米国に敗北した後、分断となったのも日本ではなく朝鮮半島だったという事実を強調した。彼は「結局、被害国である朝鮮半島が分割され、朝鮮戦争の原因となった点については、否定できない客観的事実である」とした。

この候補はオソフ議員に韓米同盟の成果で韓国が経済的成長を成し遂げたと述べた後、このような話を出した。彼は「米国の経済的支援と協力のおかげで、今日、世界で唯一、植民地から解放された国のうち先進国として認められる成果があった」とし「巨大な成果の裏に小さな陰があるかもしれない」と明らかにした。オソフ議員は真剣な表情で李候補の言葉を聞いたが、韓日合併や分断発言に関してこれといった答えをせず、朝鮮戦争当時の米軍の参戦を話題にした。

彼は「11日、戦争記念館に行って韓国軍と共に戦った国連軍だけでなく、ジョージア州出身米軍参戦勇者を称えるために献花した」と話した。今年34歳のオソフ議員は米最年少連邦上院議員で、今年共和党の強いジョージアで当選された。キム・ハンジョン共に民主党先代委実要外交委員会首席副委員長は、「オソフ議員が韓日歴史や韓国現代史に多くの知識を持っていると聞いて韓日併合の話を取り出したのだ」と説明した>>

 

韓国特有の『自分有利なだけの善悪論』が炸裂した、と言えるでしょう。韓国流の善悪論は、悪の責任は必要以上に強調し、善については『無謬さ』を強調、善には一切の責任が無いとしますから。併合も分断も結局は『朝鮮が自力で独立国になれなかった』のが最大の原因だし、そもそも併合は合法でした。でも、そんな話をすると「悪い人」にされる、それが韓国社会です。併合のおかげで近代化出来たという意見すらも、許されません。そう、無謬のはずの善に、その誤謬を指摘するのは、すなわち悪なのです。これが韓国流の善悪論で、反日思想の基本でもあります。

米国からの国会議員訪韓団は、尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補とも会いました。そもそも、大統領候補2人がどんな人なのか、実際に話して見るために来たのでしょう。尹候補は主に韓米同盟を強調した、とのことです。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5